吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

American

【Disc Review】“Find the Way” (2016) Aaron Parks

“Find the Way” (2016) Aaron Parks
Aaron Parks (piano)
Ben Street (bass) Billy Hart (drums)
 
FIND THE WAY
PARKS/STREET/HART
ECM
2017-04-21


 現代アメリカ、コンテンポラリージャズのピアニストの代表選手の一人であろうAaron Parks、ECMでのリーダー作第二弾。
 前のECM作品“Arborescence”(2011)はソロピアノでの静かなインプロビゼーション。
 いかにもECM的ではあるものの、ニューヨーク系コンテンポラリージャズピアノのAaron Parksのイメージからすると、あれれ?な意外な音。
 が、本作、オーソドックスな編成のトリオで、ジャズなAaron Parksが戻ってきました。
 冒頭曲、複雑だけども軽快なビート。
 ブルース色の無い、かといってクラシックっぽくもない、現代的なクールなムード。
 タメと疾走が交錯する浮遊感の強い軽快なピアノ。
 大御所Billy Hartのドラムは、”Invisible Cinema”(2008)のEric Harlandのように今風な軽快さや疾走感はないのかもしれないけども、変幻自在。
 現在の自身のバンドのBen Streetとともに、あの時代の少々重々しく深刻な感じを醸し出しているようにも聞こえます。
 ジワジワと高揚してくるような展開。
 景色が変わっていくように遷移するコードの流れ。 
 テンションを上げつつも激情にはならない、センチメンタルなようで涙ちょちょ切れにはならない、いかにも現代の若者らしいクールな音の流れ。
 Aaron Parksの音です。
 二曲目はボッサなビート。
 同じようにほんの少しだけセンチメンタルで淡いメロディとフワフワしたピアノ。
 そんな演奏が続きます。
 似合っているかどうかはさておき、ECMのお約束、フリーなビート、ルバートでのバラードな場面もあります。
 フワフワとした奇数拍子系の浮遊感の強い演奏が多めでしょうか。
 締めも穏やかなバラード。
 オシャレです。
 ”Invisible Cinema”(2008)のような、浮遊感とともに強烈に突っ走る感じ、斬新さはありません。
 むしろ、オーソドックスな組み立てでよくできたピアノトリオジャズ。
 毒気は無く、安心して聞けるアメリカンな音。
 その意味ではECMな感じではないのでしょうね。
 Aaron Parksの音とECMの音、融合の方法、模索中、ってな感じでしょうか。
 さて次はどんなメンバーを集めて、どんな音を作るのやら?
 この人しかないような相性のMike Morenoとやって欲しいなあ・・・って、ECMかあ・・・?

※少し前ですが、メンバーは同じ。ECMが引き合わせた訳ではないのかな?

【Disc Review】“The Dreamer Is The Dream” (2016) Chris Potter

“The Dreamer Is The Dream” (2016) Chris Potter
Chris Potter (tenor, soprano saxophones, bass clarinet, clarinet, ilimba, flute, samples)
David Virelles (piano, celeste) Joe Martin (double-bass) Marcus Gilmore (drums)

DREAMER IS THE DREAM
POTTER/VIRELLES/MART
ECM
2017-04-21


 すっかりECMの看板アーティストになったChris Potterのジャズカルテット作品。
 現在のジャズのサックス奏者では、Mark Turnerとこの人が第一人者なのでしょうか?
 どちらも今はECM所属なのも不思議な感じ。
 ECMのサックスといえば、Jan Garbarekを想い起こしますが、艶やかで張り詰めたような音は近いのかもしれませんが、初期のJan Garbarekの発していいた狂気のようなモノや、ドロドロとした空気感はなく、もっとスムースで、あっけらかんと明るい感じ。
 もちろん氷のような冷たさや吹きすさぶ寒風もなく、むしろ暖か。
 前々作“Sirens”(2012)、ストリングス入りの前作“Imaginary Cities” (2014)、と少しずつメンバーを変えてきていますが、ニューヨークコンテンポラリージャズのファーストコールの面々であることは変わりません。
 キューバ出身のピアニストは今やECMアーティストの人。
 ギターのAdam Rogersがいなくなったのが残念ですが、そんなメンツで本作も前々作“Sirens”(2012)と同様、ECMらしからぬニューヨークコンテンポラリージャズな音。
 バラード集といった感じではないのですが、各曲ともに静かに始まり、徐々にテンションを上げていく構成。
 冒頭もバラードから。
 ってもECM的な妖し気なバラードではなく、剛球一直線なアメリカンなバラード。
 途中でリズムを落として、ソロピアノでの静かな場面もあり、やっとECMか・・・?と思うのはわずかな時間、音圧の高いテナーが戻ってくるとその色合いはなくなります。
 カリンバっぽいエスニックなムードで始まる二曲目は、これはECM的エスニックにもっていこうとしているのかも・・・と思うのはわずかな時間、ビートが入るとエスニック系ではあるものの、ラテンなビートとメカニカル系のメロディが交錯する明るいコンテンポラリージャズ。
 さらに、三曲目の”The Dreamer Is the Dream”はECMの真骨頂、ルバートでのスローバラード。
 さすがにEicherさんのご指導が入ったのか・・・どうかはわかりませんが、伸び縮みするビート、フリーなドラムと漂うピアノ、ベースがいかにもそれっぽい感じ。
 Chris Potterもスタートはバスクラリネットを使って妖しいムードを醸し出しています。
 が、音楽が進み、テンションが上がると、高音圧でスムースな剛球テナーサックスが登場し、とてもドラマチックではあるものの、妖しさ、ECM色は薄らいでいきます。
 フワフワではなく、ドロドロ、ベトベトでもなく、キリッとした、あるいはカラッとした色合い。
 フリーっぽくなる場面もいくらかあるのですが、音楽が進んでいくと、またまた、アメリカンコンテポラリージャズ、カラッとした系。
 その他、電子音を使った妖し気な展開から始まってみたり、牧歌的な雰囲気をソプラノサックスが綴ってみたり。
 いろいろECMっぽいこと?にチャレンジしているのかな・・・?と思えること多々。
 が、なんだかんだで、最後はいかにもこの人、メカニカルな現代的ファンクジャズ。
 全編吹きまくり、各曲とも10分近い長尺な演奏、全6曲。
 これでもかこれでもかと押し込んでくるサックス。
 ま、それがこの人の色合い、ECMながら、これまたいかにもChris Potterな一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Playing” (1980) Old and New Dreams

“Playing” (1980) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet, piano) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Playing
Old & New Dreams
Ecm Records
1994-10-25


 Ornette Coleman所縁のメンバーのバンドOld and New Dreams、ライブ作品。
 ECMではこれが最後ですが、もう一作、ライブ録音”A Tribute to Blackwell” (1987)があるようです。
 前作“Old and New Dreams” (1979)と比べると、よりジャズ的。
 ここまでの作品と同様に、Ornetteナンバーが数曲、他はメンバーのオリジナルですが、エスニック色は抑えめ、普通にインプロビゼーションの場面が多い分、よりジャズっぽく聞こえるのでしょう。
 たっぷりフィーチャーされるDewey Redman が普通にジャズなサックスを吹いていることも大きいのかもしれません。
 ミュゼットを吹き出すと別世界に行ってしまいますが・・・
 フロント陣はもちろん、Charlie Haden、Ed Blackwellも快調に飛ばしています。
 カッコいいハイテンションなピアノレスジャズ。
 Dewey Redman のサックスソロの場面を聞いていると、Keith Jarrettアメリカンカルテットを想い起こす場面もしばしば。
 あのバンドはOrnette色が強いバンドだったこと、フロントに立つDewey Redman もさることながら、Charlie Hadenの存在も大きかったんだなあ・・・とかあらためて思ったり。
 先に進むにつれだんだん妖し気な曲、演奏が増えてきますが、そこもこのバンドならではの色合い。
 この時点で1960年代フリージャズから十数年。
 果たしてその進化はあったのか、無かったのか?
 Keith Jarrett諸作からECM、さらに一定の枠組みのあるフリージャズぐらいまではまずまずいけるくらいの立場としては、まだまだこの先の深い世界は不勉強で・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Old and New Dreams” (1979) Old and New Dreams

“Old and New Dreams” (1979) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet, piano(?)) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Old & New Dreams
Don Cherry & Dewey Redman
Ecm Records
2001-05-08


 Ornette Coleman所縁のメンバーのバンドOld and New DreamsのECM作品。
 同タイトルのデビュー作“Old and New Dreams” (Oct.1976)から何作かは別レーベルでザラついた感じ、アグレッシブなOrnette的ジャズでしたが、さすがにECMだと少し雰囲気が変わってきます。
 冒頭は10分を超える長尺なあの"Lonely Woman”。
 奇をてらったアレンジではなく、オリジナルに近いのですが、ECM的な透明度が高い音と緊張感。
 マシンガンのようなベースと陶酔感を誘いつつヒタヒタと迫ってくるようなドラムが背景を作り、Don Cherry がリード、Dewey Redmanのサックスが絡みつく構成。
 これにKeith Jarrettが入ると・・・そこまで行かずともSteve KuhnRichie Beirachあたり、この時期のECMハウスピアニストが入るともっとECMっぽく、凄い演奏になったんだろうなあ・・・とかは贅沢な妄想。
 過剰に熱くなることのないクールな音、どことなく突き放したようなムード。
 ハードボイルドです。
 Ornetteがもう一曲、それはOrnetteなジャズですが、他のメンバーのオリジナル曲はエスニックテイストが強い演奏。
 難解さはありませんが、なんだか不思議で妖し気な演奏が揃っています。
 さらにその上にECMならではの静謐でひんやりとしたクールネスが加わり、独特の音。
 無音の空間に響くトランペット、ベース、ミュゼットがカッコいい場面がしばしば。
 なんだかんだでアメリカっぽくて、その意味ではECM的ではないのかもしれませんが、全編通じてハードボイルド、妖しさ満点。
 前作に引き続き、甘いメロディがない、男くさいクールネス。 
 やはりピアノレスが正解なのでしょう。

 


posted by H.A.


【Disc Review】“Old and New Dreams” (Oct.1976) Old and New Dreams

“Old and New Dreams” (Oct.1976) Old and New Dreams
Don Cherry (pocket trumpet) Dewey Redman (tenor sax, musette) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)
 
Old & New Dreams
Cherry
Black Saint
2017-01-20


 Ornette Colemanが加わるとそのまま彼のバンドになってしまいそうなメンバーが揃ったバンドOld and New Dreamsのデビュー作。
 後にECMで制作しますが、本作はイタリアのレーベルから。
 Dewey Redman, Charlie HadenKeith Jarrettのバンドでの作品“Eyes of the Heart” (May.1976)、“Byablue”, “Bop-Be” (Oct.1976)と同年のセッション。
 そちらの活動が終了した時期だったのでしょう。
 ECM作品のイメージが強かったこともあり、全体の音を締めているのはCharlie Hadenのような感じがしていたのですが、音の作り、楽曲提供からすると、誰がリーダーといったわけではなく対等なバンドだったのでしょうね。
 冒頭のOrnette ColemanチューンからいかにもなOrnette色全開。
 マシンガンベースにこれまたマシンガンドラム、Don CherryDewey Redmanのグルグルと徘徊するようなインプロビゼーション。
 当の親分は”Dancing In Your Head” (1977) Ornette Colemanでファンク~ロックに移っていった時期なのでしょうかね?
 弟子たちはなんだかんだでアコースティックなジャズ。
 不思議なことにこの人脈、Keith Jarrettを除けば、Miles DavisJohn Coltraneの直接的な色合いがほとんど感じられないのは気のせいでしょうか?
 やはり親分がOrnetteだから?あるいは、端緒がアメリカ西海岸だから?
 サイドに入ると暴れん坊なDewey Redmanも、自分の曲ではなんだかオーソドックスなジャズ。
 Don CherryCharlie Hadenは彼らなりのマイペースですが、こちらもなんだかんだで不思議感たっぷりのアコースティックジャズ。
 さらに甘いメロディが無い分、男臭いハードボイルドなムード。
 それを1960年代終盤のノスタルジーと感じるか、普遍的なカッコよさと感じかは人それぞれなのでしょう。
 バンドの名前にもなるタイトル曲“Old and New Dreams”はDewey Redmanの曲でしたか。
 作者は意外ですが、こちらはジャズっぽくなく、ミュゼットが鳴り響くエスニックで妖しい、いかにもこのバンドな演奏。
 なんだかんだで親分と同様、一筋縄ではいかないつわものたちの音、ですかね。

 


posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ