吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

American

【Disc Review】“Epistrophy” (2016) Bill Frisell

“Epistrophy” (2016) Bill Frisell

Bill Frisell (Guitar)
Thomas Morgan (Double Bass)

Epistrophy
Bill Frisell
Ecm
2019-04-11


 カリスマBill Frisellと若手名ベーシストThomas MorganのDuo作品、ライブ録音。
 舞台はニューヨークVillage Vanguard。
 “Small Town” (2016)と同じタイミングの録音なのでしょう。
 同じ質感、静かで強烈な浮遊感、でもしっかりと軸の見える、妖しく美しい演奏。
 冠されたThelonious Monkにジャズスタンダードをたっぷり、かつての盟友Paul Motianに、映画曲などなど。
 選曲も“Small Town” (2016)に似通った感じですが、こちらの方がジャズスタンダードが多い分だけジャズ度が高く、また、スローバラードが多い分だけ、オーソドックスにメロディアスにまとまった感じでしょうか。
 もちろんギターは不思議感、浮遊感たっぷり、ロック、カントリー、少しのジャズが交錯するあの名人芸。
 かつての素っ頓狂さ、ときおりの凶悪さは影を潜め、ほどほどのリバーブが効いたクリーントーン。
 近年の色合いのソリッドな音は、少し枯れた感じを醸し出しつつの、幽玄なムード。
 あちこちを漂い、消え入りそうになりながらも、落ち着くところにスッキリ収まっていく音の流れ。
 ベースは出しゃばることなく、が、しっかりと静かなグルーヴを作る、これまた名人芸。
 不安には陥らない、心地よい幻想へと誘うトリップミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith

“Divine Love” (1978) Leo Wadada Smith

Leo Wadada Smith (Trumpet, Flugelhorn, Percussion)
Bobby Naughton (Vibraphone, Marimba, Bells) Lester Bowie, Kenny Wheeler (Trumpet) Dwight Andrews (Alto Flute, Bass Clarinet, Tenor Sax, Percussion) Charlie Haden (Double Bass)

Divine Love
Leo Smith
ECM
2019-01-18


 フリージャズ系のトランペッターLeo Wadada Smithの1970年代型スピリチュアルジャズ、ECM制作。
 “Lebroba” (2017) Andrew Cyrilleで齢70歳を超えてもキリッとした音の人の若き日、約40年前のアルバム。
 ドラムレス、ビブラフォンとホーンを中心とした変則な編成。
 各曲長尺な全三曲。
 フリージャズ、スピリチュアルジャズ、その他が入り混じる、妖しく、静かな音。
 LPレコードでのA面は、ビブラフォン、パーカッションが背景を作り、漂うようなフルート、トランペットが穏やかに絡み合う瞑想サウンド。
 ときおりの不穏なフレージングから怖い方向に流れて行きそうでそうはならない、フワフワとした時間がひたすら続きます。
 LPレコードでのB面に入るとECM御用達の大物トランペッターが加わり、不思議なホーンアンサンブルが展開されますが、これまた静かです。
 激しく高速なフレーズの絡み合いも、たっぷりのエコーに包まれ、幻想的な音の流れ。
 もちろんフリー度たっぷりですが、激情にも凶悪にもならない、穏やかな非日常感。
 どこを切り取っても強烈な浮遊感、静かで妖しい瞑想~トリップミュージック。
 とても心地よいのですが、さて、行き着く先はどこでしょう?




posted by H.A.


【Disc Review】“Lebroba” (2017) Andrew Cyrille

“Lebroba” (2017) Andrew Cyrille

Andrew Cyrille (Drums)
Wadada Leo Smith (trumpet) Bill Frisell (guitar)

LEBROBA
CYRILLE/SMITH/FRISEL
ECM
2013-01-18


 フリージャズ系のドラマーAndrew Cyrilleの変則トリオ、ECMから。
 これまたフリージャズ系のトランペッターに、なんでもありのBill Frisell
 平均年齢70歳を超えるのであろう大ベテラン、大御所、曲者たちの集い。
 ベースレスでワンホーン、Bill Frisellとくれば、往時のPaul Motianトリオを想い起こしますが、その続編のような幻想的な音。
 漂うように哀し気なメロディを紡ぐトランペットは、年齢を感じさせない端正な音。
 それに寄り添うようなギター、それらに合わせるように、あるいは無視するかのように自在にビートを繰り出すドラム。
 ルバートでのスローバラードから次々と表情を変えていく音の流れ。
 拡散していくようで、そうはならず、かといってオーソドックスなところには決して落ち着きません。
 かといって難解至極にはならず、凶悪になるのもほんのわずかなギターの激しいディストーションの場面のみ、あくまで穏やかでクールな音。
 自由でノンジャンルなようで、流れる空気感はやはりジャズ。
 まだまだやんちゃ、でも混沌には行かない。
 歴戦のつわものたちの妖しく、但し、落ち着いた音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Imaginary Friends” (2018) Ralph Alessi

“Imaginary Friends” (2018) Ralph Alessi

Ralph Alessi (Trumpet)
Andy Milne (Piano) Drew Gress (Bass) Mark Ferber (Drums)
Ravi Coltrane (Soprano, Tenor Sax)

IMAGINARY FRIENDS
V/A
ECM
2019-02-19


 アメリカントランペッターRalph Alessi、ECMでの第三作。
 “Badia” (2012)、”Quiver” (2014)とワンホーンカルテットが続きましたが、本作ではサックスを加えたジャズの王道、二管クインテット。
 ベース以外のメンバーは交代、サックスはいまやベテランRavi Coltrane。
 メンバーは変わりましたが、サウンドはここまでと同様、今風ジャズのバンドとキリッとした端正なトランペットに、ECMならではの強い浮遊感が混ざり合う音。
 ルバートのような、クールで軽快な今風なビートのような、やっぱりなんだかんだでジャズのような、摩訶不思議な質感。
 楽曲はクールなムードながらこれまた不思議系のメロディ。
 ほどほどの緊張感、ほどほどのシャープネスと、ほどほどの浮遊感、ほどほどの妖しさ。
 Ravi Coltraneも父上のような激情サックスではなく、今風、あるいはECMらしい、クールかつ漂うような音使い。
 ニューヨークなECMサウンドってな形容も変ですが、そんな感じ。
 クールでスタイリッシュでキリッとしているようで、淡くてどこか予想外の方向へ動いていく、浮遊感たっぷり、不思議感たっぷりのコンテンポラリージャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Seeds Of Change” (2018) Joe Lovano

“Seeds Of Change” (2018) Joe Lovano

Joe Lovano (tenor sax)
Marilyn Crispell (piano) Carmen Castaldi (percussion)



 Joe Lovanoの変則トリオ。
 大ベテランの大御所にしてECMでの初リーダー作。
 テナーサックスと鐘の音を中心としたパーカッションのDuoから始まる静謐で幽玄な時間。
 静けさを助長する金属の共鳴音の中、ゆったりと哀しげなフレーズを紡ぐサックス。
 ピアノが加わっても空気感は変わりません。
 静かに零れ落ちてくるピアノの音、繊細なパーカッション、その中を漂うようなサックス。
 終始ゆったりしたテンポ、フリーな色合いが混ざりつつの淡い色合い、予想とは違う方向に流れていく音。
 ときおりのセンチメンタルなメロディ、強い音に覚醒しつつ、張り詰めているような、夢の中のような、いろんな質感が交錯する静かな時間が流れていきます。
 哀しげであったり、悟ったようであったり。
 侘び寂び、禅寺、なんて言葉が頭を過ぎる、静謐な時間。
 そして中盤以降に収められた、いくつかの激しさの混ざる演奏。
 残るのは覚醒か、それとも幻想か・・・
 そんな幽玄な時間。




posted by H.A.



【Disc Review】“Pure Desmond” (1974) Paul Desmond

“Pure Desmond” (1974) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Ed Bickert (guitar) Ron Carter (bass) Connie Kay (drums)

Pure Desmond
Paul Desmond
Sony Jazz
2003-09-15


 Paul Desmond、久々のギタートリオとの共演集。
 ギターはJim Hallではなくて、彼よりも少し粘りのあるフレージングのEd Bickert。
 かつてと同様にクールに刻まれるビートに優し気なアルトサックス。
 次々と演奏されるジャズスタンダード。
 が、時代は1970年代、録音を含めて少し質感は異なります。
 ベースが弾みながらぐんぐんとハンドを引っ張り、少し太くなったギターの音。
 アルトも少しきらびやかになり、その上でリバーブが増えた感じでしょうか。
 シンプルな1950-60年代型のモダンジャズの音からゴージャズなオーケストラ入りフュージョンを経て、落ち着いた1970年代型ジャズな音。
 これはこれでまた別の味わい。
 それでもやはり、アルトの音は全身が弛緩していくような素敵な響き。
 Paul Desmondに外れなし。




posted by H.A.


【Disc Review】“Skylark” (1973) Paul Desmond

“Skylark” (1973) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Bob James (piano, electric piano) Gábor Szabó, Gene Bertoncini (guitar) George Ricci (cello) Ron Carter (bass) Jack DeJohnette (drums) Ralph MacDonald (percussion)

Skylark
Paul Desmond
Epic Europe
2003-10-28


 Paul Desmond、ジャズフュージョン寄りのコンボ作品。
 エレピの音が浮遊感を加え、エレキっぽいウッドベースがグルーヴを作り、ハイテンションなジャズドラム、ちょっとソウル、サイケが混ざるエレキギター。
 全部合わせて1970年代の音。
 何も変わらないのがアルトサックス。
 ベースがぐんぐん前に進もうが、ドラムが煽り立てようが、あくまでクールで優しい音。
 あるいは静々とガットギターで”禁じられた遊び”が奏でられようが、アルトが鳴ればあの時代のジャズ。
 さらにバックが煽れば1960年代のモードを経た1970年代のジャズフュージョンのハイテンションな音。
 エレクトリックMilesの影響がここまでも・・・なんて野暮ことが頭をよぎる場面も・・・
 “She Was Too Good to Me” (1974) Chet Bakerとも同じ時代かあ・・・
 背景の音は変われど、Chet BakerさんもここでのPaul Desmondも何も変わらないクールネス。
 大御大Milesさんとはまた違ったハードボイルドネスがカッコいいなあ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Bridge over Troubled Water” (1969) Paul Desmond

“Bridge over Troubled Water” (1969) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Herbie Hancock (electric piano) Gene Bertoncini, Sam Brown (guitar) Ron Carter (double bass) Jerry Jemmott (Fender bass) Airto Moreira, Bill Lavorgna, João Palma (drums) and Orchestra

明日に架ける橋(紙ジャケット仕様)
ポール・デスモンド
ユニバーサル ミュージック クラシック
2005-12-14


 Paul Desmond、エレキサウンドを前に出したポップなジャズフュージョンな一作、Simon & Garfunkelの楽曲集。
 “Summertime” (1968)に続くアルバム、ボサノバの“From the Hot Afternoon” (1969)と同年の制作。
 企画自体はなんだかなあ・・・と思ってしまいますが、楽曲は折り紙付きの名曲揃いだし、気鋭のジャズメンを集め、豪華なホーンにストリングス。
 "El Condor Pasa" で幕を開け、"Mrs. Robinson","Scarborough Fair"を挿みつつ、 涙々の"Bridge over Troubled Water"で締める、絵にかいたようにコマーシャリズムに溢れた構成。
 それでも、Milesバンドを脱した頃であろうHerbie Hancockのエレピが浮遊感を醸し出し、Ron Carter含めたモダンジャズをはみ出した手練れな演奏のジャズにボサノバ。
 その上に乗ってくる、いつもながらにクールなアルト。
 1970年代の一歩手前、時代の波に乗ろうとするポップで洗練されたなサウンドと、優しく頑固なアルトサックス。
 ポップ寄りなサウンドですが、これはこれで結構かと。




posted by H.A.


【Disc Review】“Summertime” (1968) Paul Desmond

“Summertime” (1968) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Herbie Hancock (piano) Jay Berliner, Joe Beck, Eumir Deodato, Bucky Pizzarelli (guitar) Frank Bruno, Ron Carter (bass) Leo Morris (drums)
Mike Mainieri (vibraphone) Joe Venuto (marimba) Jack Jennings, Airto Moreira (percussion)
Wayne Andre, Paul Faulise, Urbie Green, J. J. Johnson, Bill Watrous, Kai Winding (trombone) Burt Collins, John Eckert, Joe Shepley, Marvin Stamm (trumpet, flugelhorn) Ray Alonge, Jimmy Buffington, Tony Miranda (French horn) George Marge (flute, oboe) Bob Tricarico (flute, bassoon)


 Paul Desmond、ジャズオーケストラを従えたCTIでの制作、その第一弾。
 モダンジャズから一歩はみ出した旬な人たちを集めた豪華な編成。
 全体の音はハイテンションになり、ジャズの定番曲、得意のボサノバからBeatlesナンバーまで含めたポップな選曲、Don Sebesky仕切りのアレンジに、コンパクトに納められたCTIサウンド。
 が、ホーン陣の入り方はあくまで上品で控え目、うるさくなくてスッキリしたいつもの上品なPaul Desmondサウンド。
 Herbie Hancockのピアノがフューチャーされ、ギタートリオを背景にした諸作の少し沈んだ感じはなくなり、きらびやかにはなりました。
 それでも、アルトサックスの紡ぐ音は、何事もなかったようにいつも通りの優しくて穏やかな音。
 軽やかなサンバ”Samba With Some Barbecue”に、Don Sebeskyの"Olvidar"ときて、これやるの?な"Ob-La-Di, Ob-La-Da"と続き、後はジャズスタンダードやらボサノバやら。
 いろんな色合いですが、普通にメロディが吹かれるだけで優しく穏やかなPaul Desmondワールド。
 全部合わせてしっとりさはほどほど、軽快なPaul Desmondの一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Easy Living” (1963,1964,1965) Paul Desmond

“Easy Living” (1963,1964,1965) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Jim Hall (guitar) Gene Cherico, Percy Heath, Eugene Wright (bass) Connie Kay (drums)

EASY LIVING
PAUL DESMOND
RCAVI
2016-07-22


 Paul Desmond、本作はジャズスタンダード集。
 人気作“Take Ten” (1963)、ジャズな“Glad To Be Unhappy” (1963-1964)、ボサノバの“Bossa Antigua” (1963-1964)と同時期。
 この期の定番、Jim Hall をはじめとするギタートリオを従えた静かで優しい音。
 冒頭の”When Joanna Loved Me”からトロトロ状態。
 これまた全身が弛緩するような柔らかで甘い音の流れ。
 ビートが上がっても、聞き飽きたスタンダードのメロディが流れても、何ら気をてらうことの無いオーソドックスな演奏でも、なぜか特別な柔らかな空気が静かに穏やかに流れていきます。
 優しいアルトの後は、これまた静かに、でも転げまわるようなギター。
 あくまで淡々とビート刻むベースとドラム。
 全部含めて少し沈んだ空気感。
 薄目の音の隙間に響く各楽器のエコーまでがカッコいいなあ。
 静かで落ち着いたジャズの時間。
 静かでオーソドックスなジャズだと、これか“Glad To Be Unhappy” (1963-1964)が古今東西のベストではないかな?




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ