吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Fusion

【Disc Review】“Natural Ingredients” (1980) Richard Tee

“Natural Ingredients” (1980) Richard Tee 

Richard Tee (Keyboards, Vocals)
Eric Gale (Guitar, Bass) Matthew Bragg (Bass) Steve Gadd (Drums) Ralph MacDonald (Percussion)
Hugh McCracken (Harmonica) Tom Scott (Saxophone) Barry Rogers, Jon Faddis, Randy Brecker, Seldon Powell, Tom Scott (Horns) Lani Groves, Richard Tee, Ullanda McCullough, Valerie Simpson (Vocals) and Strings

ナチュラル・イングレディエンツ
リチャード・ティー
ビクターエンタテインメント
2002-08-21


 ソウルなピアニストRichard Teeのリーダー作。
 Stuff諸作はもちろん、あの時代のソウルやら、AORやら、“Winelight” (1980) Grover Washington Jr.やら、いろんなところで彼の音は聞こえているのですが、アルバム一枚全編そのまま、あの幸せな音が鳴り続ける一作。
 1970年代のソフトなソウルから洗練されたフュージョンミュージックへの移行、あるいはAORなんて言葉が定着した時期でしょうか。
 Stuffの渋さやら淡々としたところやらが薄くなって、全編ハッピーでおシャレなサウンド。
 フワフワとしたフェイザーたっぷり、たぷんたぷんなローズの音にくるまれた空間の中で鳴る訥々とした胸キュンギター、渋いボーカル、その他諸々のくすぐり合い。
 心地よさ最高。
 アコースティックピアノになると叩きまくれる鍵盤、ノリノリのグルーヴ。
 さらにご本人のボーカルは、ちょっとしたきっかけさえあれば、シンガーとしても大成したんじゃない?と思うぐらい、カッコよかったのですが・・・泣。
 フュージョン、ソフトソウル、AORの隠れ名作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Stuff” (1975-1976) Stuff

“Stuff” (1975-1976) Stuff

Gordon Edwards (Bass, percussion) Richard Tee (Hammond B-3 Organ, acoustic & electric piano) Cornell Dupree, Eric Gale (Acoustic & electric guitars) Chris Parker, Steve Gadd (Drums, percussion)

Stuff
Rhino/Warner Records
2010-04-07


 スーパーグループStuffのフュージョンというか、歌の無い1970年代ソウルというか。
 ブンブンボコボコなベースにタイトなドラム。
 Gordon Edwardsのジャストなのかズレているんだか、やっぱりキッチリ合っているブンブンボコボコがカッコいいなあ。
 Richard Teeのトレードマーク、フェイザーたっぷりのローズは楽園サウンド。
 そしてクククキュインとくる胸キュン(死語!)ギター。
 愛想があるような無いような、洗練されているような泥臭いような、ポップなようなマニアックなような・・・
 1960年代ソウルのザラザラした感じが時代に磨かれ、ツルツルになった感じ。
 が、極度にオシャレでもキャッチーでもないのは、なんだかんだで血沸き肉躍る系のブラックミュージックがベースに流れているのでしょう。
 これをもっともっとオシャレな方向に振ると“Winelight” (1980) Grover Washington Jr.、というか、この面々がいないとあんなにカッコよくはならなかったのでしょうねえ。
 それでも歌が欲しい向きには、隠れ名盤“My Love” (1981) Salena Jones, あるいはハッピーな“Natural Ingredients” (1980) Richard Tee、激渋な“Stingray” (1976) Joe Cockerあたりをどうぞ。 
 モダンジャズ、ロック時代を抜けた、1970年代の粋。




posted by H.A.


【Disc Review】“Press On” (1973) David T. Walker

“Press On” (1973) David T. Walker

David T. Walker (Guitar, Vocals)
Charles Larkey (Bass) Harvey Mason (Drums, Bells, Vibraphone) Ms. Bobbye Hall (Percussion) Carole King, Jerry Peters, Joe Sample, Clarence McDonald (Keyboards) George Bohanon (Trombone, Saxophone) Oscar Brashear (Trumpet, Saxophone) Ernie Watts, Tom Scott (Saxophone, Woodwind)
Jerry Peters, Merry Clayton, Stephanie Spruill (Vocals)



 David T. Walkerの1973年作。
 ソウルジャズインスツメンタルというか、ソウルフュージョンというか、歌の無いソフトソウルというか、いずれにしても1970年代のソフトなソウル色たっぷりな音。
 弾むビートにホーンのアンサンブル。
 洗練されているような、それでいてちょっとヤクザな感じのあの時代の音。
 そんな空気感の中を泳ぐ、ナチュラルトーン、決してスムースではない、引っ掛かりながら、後ろ髪を引かれるように音を置いていくギター。
 たっぷりの余白とタメと加速、タイミングのズレ、などなどが組み合わさって、琴線をくすぐるような音の動き。
 黒々とした甘美、ってな感じ。
 そして全編に流れているさり気ない哀愁がカッコいいなあ。
 ソウル界隈の名曲にビートルズなども加わってのベタな選曲、それまたご愛敬。
 さて、胸キュン(死語!)ギターの元祖はこの人か、Eric Galeか、はたまたB.B.King御大か?
 これを時代の流れとともにもう少し洗練すると、人気作“Stuff” (1976)になるんだろうなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Brazilian Rhyme” (1999) Satoru Shionoya

“Brazilian Rhyme” (1999) Satoru Shionoya

Satoru Shionoya (Piano)
Jonathan Maron (Bass) Satoshi Tomiie (Keyboards, Drum Programming)
Dan Levine (Trombone) Ken Fradley (Trumpet) Paul Shapiro (Tenor Sax)
Harumi Tsuyuzaki (Vocals) Danny Madden, Stephanie James (Backing Vocals)

BRAZILIAN RHYME
塩谷哲
ファンハウス
1999-07-07


 ジャズピアニスト塩谷哲氏の”Brazilian Rhyme”。
 もちろんEarth, Wind & Fireのアレ、”パラッパッパ・パッパッパ”。
 これはレアなのでしょうか?人気作なのでしょうか?
 さておき、ミニアルバムのCDではいろんなアレンジ、ミックスの”パラッパッパ・パッパッパ”5連発。
 これはたまりません。
 さらに、間々に挿まれる、ジャズな疾走ピアノがこれまたカッコいい。
 これはホントにたまりません。




posted by H.A.



【Disc Review】“Street Dreams” (1988) Lyle Mays

“Street Dreams” (1988) Lyle Mays

Lyle Mays (Piano, Keyboards)
Bill Frisell (Guitar) Marc Johnson, Steve Rodby (Bass) Peter Erskine, Steve Gadd, Steve Jordan (Drums) Glen Velez, Vicki Randle (Percussion)
Dave Taylor (Bass Trombone) Bob Malach, Bob Mintzer (Tenor Saxophone, Flute) Chris Seiter, Dave Bargeron, Keith O'Quinn (Trombone) Laurie Frink, Randy Brecker, Bob Millikan (Trumpet) Emilia Barros (Voice) Vicki Randle (Vocoder) and strings

Street Dreams (Reis)
Lyle Mays
Warner Bros / Wea
1998-12-15


 Lyle Maysのリーダー作、第二弾。
 名作“Still Life (Talking) ” (1987)、これも名作”Letter from Home” (1989)の間での制作。
 前作“Lyle Mays” (1985)はPat Metheny Groupに近いサウンドでしたが、本作は少々面持ちが異なります。
 前半は、よりアメリカンフュージョンに近い色合い。
 ドラム、サックスを中心として、その系の人が多いからなのか、もっとわかりやすい音楽にしたかったのか、その時代のサウンドなのか、とにもかくにも明るいフュージョンサウンド。
 少々デジタル臭もするキッチリしたビートに、豪華でこれまたキッチリとしたホーンのアンサンブル。
 Pat Metheny人脈では珍しいブルージーなジャズの雰囲気の演奏もあったりして・・・
 といってもファンキーでもキメキメのフュージョンでもスムースジャズでもない、淡くて柔らかな雰囲気はLyle Maysの音楽。
 ピアノトリオとBill Frisellで演奏されるフワフワした”August”や、幻想的な”Before You Go”なんてとてもいい感じ。
 後半は組曲。
 エスニック色、あるいはオーケストラも交えながら、幻想と躍動、強烈なインプロビゼーションが交錯するとてもドラマチックな構成の力作。
 などなど含めて、いろんなテイストがてんこ盛り。
 それら合わせて後の”We Live Here” (1995)、さらに”Imaginary Day” (1997)、”The Way Up” (2003,2004)のような大作路線につながっていくのでしょうね。
 時期的にはちょっと遠いか・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Lyle Mays” (1985) Lyle Mays

“Lyle Mays” (1985) Lyle Mays

Lyle Mays (piano, synthesizer, autoharp)
Bill Frisell (guitar) Marc Johnson (acoustic bass) Alejandro N. Acuña (drums) Nana Vasconcelos (percussion) Billy Drewes (alto, soprano sax)







 現代のアルゼンチン、ブラジル勢からリスペクトされているのであろう、Pat Metheny Group、Lyle Maysのリーダー作。
 “Cruces” (2012) Andrés Beeuwsaert、”As Estacoes Na Cantareira” (2015) André Mehmariなどで、さり気なくカバーされていたり、近い空気感の場面がしばしば登場します。

 Pat Metheny共同名義で“As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls”(Sep.1980)がありましたが、単独では第一作目。
 ECM最終作 ”First Circle” (1984)とGeffen移籍第一作 “Still Life (Talking) ” (1987)との間の時期。
 ECMでの録音は、Pat Metheny関連と“Home” (1979) Steve Swallow、“Later That Evening” (1982) Eberhard Weberぐらいでしょうか?
 そちら系の人たちとリーダー作品を制作していると面白かったのでしょうが、なかなかうまくいきません。
 本参加のBill Frisellも“Rambler” (1984)を制作の後、ECMから移籍した時期と思われ、そういう時代だったのでしょう。
 柔らかなビート感、あの柔らかなシンセサイザー、リリカルなピアノの音の流れは、Pat Metheny Groupのサウンド。
 複雑に展開するドラマチックな構成もこれまたPat Metheny Groupと同様。
 さらに、柔らかなサウンド、明快なようでどことなく幻想的な空気感も含めて、やはりPat Metheny Groupサウンドは、Lyle Maysサウンドでもあるのでしょう。
 それはさておき、本作、”Mirror of the Heart”のような、ただただ美しいピアノソロでの演奏や、電子楽器とアコースティックな演奏、ジャズとロック、クラシック、エスニックまでが交錯する、幻想的な情景描写のような組曲”Alaskan Suite”などの独自路線もたっぷり。
 そして、最後に収められたバラード”Close to Home”のこの上もない美しさ。
 とてもドラマチックです。
 Pat Methenyの単独リーダー諸作からすると、Groupの作品の色合いはLyle Maysの色合いが強かったのだろうなあ・・・と勝手に思っているのですが、本作を聞くとやはりそうだったような、そうでもなかったような・・・?




posted by H.A.


【Disc Review】“Wear My Love” (2009) David T. Walker

“Wear My Love” (2009) David T. Walker
David T.Walker (Guitar)
Leon Ndugu Chancler (Drums, Percussion) Clarence McDonald (Piano, Synthesizer) Byron Miller (Bass) Barbara Morrison (Voice)

Wear My Love
Universal Music LLC
2009-11-18


 David T.Walkerのクリスマスアルバム。
 一番好きなギタリスト。
 全体のサウンドは、ちょっとキッチリし過ぎてポップに過ぎるフュージョンかな?
 でもまあ、この人のギターが鳴ればどうでもいいや。
 ソフトでメロウなクリスマスサウンドに映える激渋ギター。
 これ、最高。




posted by H.A.

【Disc Review】“Brazilian Soul” (2004) Azymuth

“Brazilian Soul” (2004) Azymuth
Jose Roberto Bertrami (Keyboards, Vocals) Alex Malheiros (Bass, Guitar, Vocals) Ivan Conti (Drums, Guitar, Vocals, Percussion) Dom Chacal (Percussion)

ブラジリアン・ソウル
アジムス
日本コロムビア
2004-08-25


 ブラジリアンフュージョンのAzymuthの21世紀に入ってのアルバム。
 “Light As A Feather” (1979)の頃とピアノトリオは同じメンバーそのまま。
 あの時代のディスコなビート感はなくなりましたが、それ以外の音はそのままでしょう。
 いかにもブラジルなウイスパー気味のボーカルを何曲かでフィーチャーして、AORと呼ぶのがいいのか、レアグルーヴと呼ぶのいいのか、全編そんなソフトでメローな音。
 中心となるのはもちろんあのエレピ。
 シンセサイザーの派手な使われ方もなくて、シンプルなエレクトリックピアノトリオ+αな編成。
 強いビートやキメも抑えられ、あくまで柔らかでしなやかなグルーヴ。
 21世紀のこの時代、こっちの方が馴染むし、和みます。
 楽曲はメンバーのオリジナル。
 ちょっとセンチメンタルでキャッチーなメロディが並びます。
 懐かしいような感じもあるし、現代風な感じもあるし。
 サウダージと呼ぶには、ちょっと洗練に振れていて、ほんの少しだけオシャレに過ぎる感じのバランス。
 が、派手でもゴージャスでもタイトでもなく、むしろ緩め。
 そんな感じの全編で漂う緩めなサンバな感じがとてもいい感じ。
 このくらいの加減が、一番ナチュラルでオシャレに聞こえる絶妙なバランスなように思います。
 ジャケットは1970年代のサイケデリック風味ですが、音はソフトなグルーヴのみを抜き出した感じ。
 それらが21世紀っぽいかどうかはさておき、とても心地よいので、よろしいのではないかと。
 柔らかなグルーヴとエレピの組み合わせ、最高。




 posted by H.A.


【Disc Review】“Light As a Feather” (1979) Azymuth

“Light As a Feather” (1979) Azymuth
José Roberto Bertrami (Keyboards, Percussion, Vocals) Alex Malheiros (Bass, Vocals) Ivan Conte (Drums, Synthesizer) Aleuda (Percussion)

ライト・アズ・ア・フェザー
アジムス
ビクターエンタテインメント
2008-08-20


 ソフトアンドメローなフュージョンシリーズ(ってこともないですが)、さらに七夕にピッタリな、ブラジリアンフュージョンのAzymuthの懐かしの人気作。
 一定の年齢以上の人にとっての聖典・・・かどうかはさておき、当時の多くの人が聞いたことがあるであろう”Fly over the Horizon”を収めた一作。
 ジャズマニアな私からしても、アルバムタイトル曲が大名作“Light as a Feather” (Oct.1972) Chick Corea and Return to Foreverのカバーであることすら忘れてしまっているほどの、その曲の圧倒的な存在感。
 少々時代を感じるシンセサイザーとシンセドラムの音。
 これが聞こえてくると妙に懐かしい気持ちになるのと、目が冴えてくるのはパブロフの犬状態。
 中盤の揺れるエレピのソロの間のシンセドラムには思わず笑ってしまうというか、何と申しましようか・・・
 とにもかくにも、5分強の至福の時間・・・
 冷静に考えると、”Fly over the Horizon”以外はあまり聞いていたかったりするのだけども、あの時代の懐かしいフュージョンの香りがてんこ盛り。
 跳ねまくるチョッパーベースに、やたらキメの多いあの時代のフュージョンビート、あるいはディスコビートな曲もちらほら。
 ノリノリのビートを背景に疾走するエレピ。
 この手の音も、ソフト&メロー、あるいはレアグルーヴな音に入るのかな?
 もろWeather Report風だったり、Return to Forever風だったりする場面がしばしばあるのもご愛敬。 
 ちょっとマニアックな“Mr. Gone”(1978) Weather Report風な場面もあるのは、時代の空気感なのでしょうか?
 “Light as a Feather”はちょっとポップに模様替えした感じのオシャレな演奏。
 さりげなくToninho Hortaのバラードも収録されていて、ブラジリアンフュージョンとしてカッコいい演奏がたくさん。
 全編で揺れ続けるエレピが最高。
 携帯電話もインターネットもSNSもYouTubeも無く、テレビとラジオとカセットテープの時代のノスタルジー。
 Jet Streamってのもありましたが、どんなんだったけ?
 Webを検索してみると、まだやっている・・・というか、JALご難の時期含めて続いていたようですね。
 当のCrossover11も限定復活していたようで・・・




 posted by H.A.


【Disc Review】“Funk Reaction” (1977) Lonnie Smith

“Funk Reaction” (1977) Lonnie Smith
Lonnie Smith (Organ, Synthesizer?)
Eddie Daniels (sax) Richie Hohenburger (guitar) Yaron Gershovsky (piano) and others

ファンク・リアクション
ロニー・スミス
Pヴァイン・レコード
2013-04-17


 Lonnie Smithの1970年代ソウルジャズ。
 Blue Noteでブルージーな演奏のイメージも強い人ですが、この期ではソウルジャズ~フュージョンな音。
 跳ねるベースにタイトなドラム、ファンキーなギターのカッティングとシンセサイザー。
 Herbie Hancockが “Head Hunters” (Sep.1973)、あるいは“Man-Child” (1974-75)あたりで確立した音なのでしょうか? 
 さらにソフト、ポップになって、ボーカルも乗せて・・・
 それでもいかにもなボーカル曲は最後と最後のみで、インプロビゼーションのスペースがたっぷり確保されているのが1970年代なバランス。
 冒頭から心地いいフェイザーが掛かったギターのカッティング。
 タイトな8ビートにフワフワとした音を出すフロント陣のバランスがとてもいい感じ。
 ディスコな感じのビートの演奏も少々ありますが、中心は柔らかで穏やかなグルーヴ。
 さらにちょっと切ないメロディ。
 その結晶が白眉の“It's Changed”。
 レアグルーヴなんて語感がピッタリな音。
 何のことはないミディアムテンポのソウルバラードなのかもしれませんが、これは染みます。
 ジャズなギターが奏でる切ないメロディに、静かに弾みながら後押しするような絶妙のベースライン、ちょっとあざとい感じのコーラスもいい感じの演出。
 さらに中盤からのシンセサイザーのソロのカッコいいこと、切ないこと。
 これだけ音数が少ないのにカッコいいインプロビゼーションはないのでは?
 少し変えると別の曲になってしまうような完成度の素晴らしさ。
 さすが、生粋のジャズメンLonnie Smith・・・かどうかはさておき、1960年代のコテコテな感じからは想像できないような洗練。
 胸がキュンとする、なんて言葉は気持ち悪くて使わないのですが、そんな音。
 その他含めて、心地よいソウルジャズ~フュージョンがたっぷりと。
 “Bitches Brew” (Aug.19-21,1969)を根っこにして、上記のHerbie Hancock諸作で整理され、確立し、本作もその流れの中の一作。
 あるいは、“Big Band Bossa Nova” (1962) Quincy Jonesあたりからあった、ポップなジャズが、時代の流行りの音と融合してできた音。
 さらに発展して、いきついたピークが“Winelight” (1980) Grover Washington Jr.あたり、ってな感じが私的な捉え方。
 ま、そんな野暮な話はさておいて、あの時代のノスタルジーと呼ぶにはあまりにも素敵な音ですねえ。




 posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ