“Lost on the Way” (2009) Louis Sclavis

Louis Sclavis (Clarinets, Soprano Saxophone)
Maxime Delpierre (Guitar) Olivier Lété (Bass) François Merville (Drums)
Matthieu Metzger (Soprano Saxophone, Alto Saxophone)



 フランスのクラリネット奏者Louis Sclavis、2009年作。
 “L'Imparfait des Langues” (2007)と同じくサックスを加えた二管編成ですが、またまた編成、メンバーを交代。
 ギタートリオに二管の一見普通なジャズ編成。
 それでも・・・と思いきや、意外にも普通にコンテンポラリージャズな、いやプログレッシブロックな色合い。
 不思議系のメロディ、エスニックな空気感、不穏なムードは同様ですが、エレキベースを含めたギタートリオが普通にビートを出している場面が多いから、混沌に突っ込んでいく場面が少ないからでしょうか。
 但し、ロック色の強い重めのビート、リフ中心。
 要所でエレキギターのロックな激しいソロやら、未来な感じの展開もあります。
 それでも諸作と相対的には非日常感が薄いのは、ビートがキッチリしているからなのでしょう。
 サックスは前任者に比べてシャープな感じですが、同じく激しい系ジャズな感じ。
 ジャズ、フリージャズ好きな人はさておき、ロックなジャズ、あるいはジャズ色の強いロックとしてわかりやすい演奏が多いように感じます。
 もちろんテーマのメロディ、リフは強烈に不思議系ですが・・・
 ヨーロピアン・エスニック・プログレッシブロック・コンテンポラリージャズ、ってなところでよろしいのでは。


 

posted by H.A.