“Extended Play: Live at Birdland” (2000) Dave Holland

Dave Holland (double bass)
Steve Nelson (marimba, vibraphone) Billy Kilson (drums)
Robin Eubanks (trombone, cowbell) Chris Potter (alto, soprano, tenor sax) 



 Dave Holland、2000年作、ライブ録音。
 編成は“Points of View” (1998)からのヴィブラフォントリオ+二管のクインテット。
 ほとんどが10分越え、20分を超える演奏も何曲かの激しいジャズ。
 スタジオ録音作品から多くの楽曲が取り上げらていますが、同じ楽曲とは気づかない凄まじい演奏。
 各曲ともアンサンブルはスタジオ録音の色合いと大きくは変わっていないのだと思うのですが、長尺なソロを含めて熱量とテンションが別次元。
 ゴリゴリブリブリ、凄まじい音量とスピードで突っ走るサックス、それに呼応するこれまた凄まじいドラム。
 ホーンが引くと音量が下がって一息つき、ベースのソロ、ドラムとのバース交換(今や懐かしい?)、もちろんヴィブラフォンが前面に出る時間もたっぷり。
 ヴィブラフォントリオでドラムがずーっと凄まじいソロ状態の場面がカッコいい。
 ホーンと対等にフィーチャーされていますが、音量が小さい分、目立つ場面が少なくなった感じもします。
 一息つくと怒涛のような音圧のホーン陣。
 甘さのないメロディ、演奏は、いつもながらのクールでハードボイルドなこの人の音楽の色合い。
 とても激しい演奏ですが、1960-70年代のような混沌や絶叫はありません。
 が、紛うことなき超ド級熱血ジャズ。
 そんなDave Hollandバンドの生身の記録。




posted by H.A.