“Points of View” (1997) Dave Holland

Dave Holland (double bass)
Steve Nelson (marimba, vibraphone) Billy Kilson (drums)
Robin Eubanks (trombone) Steve Wilson (alto, soprano sax)

Points of View
Billy Kilson
Ecm Records
1998-09-15


 Dave Holland、1997年作。
 ヴィブラフォントリオ+二管のクインテット、Steve Nelsonのみが残り、めまぐるしくメンバーは変わります。
 ドラムは前作の鬼のようなGene Jacksonからこれまた鬼、この後長く共演するBilly Kilson、管はM-Base閥。
 後にビッグバンドまで拡大していきますが、“The Razor's Edge” (1987)あたりまでの分厚い感じとは少し違ったスッキリ系。
 ヴィブラフォンのクールで甘い響きゆえなのか、計算されたアンサンブルゆえなのか。
 いずれにしてもテーマ一発、順にソロを回して・・・ってなシンプルな感じよりも、複雑なテーマを複雑なアンサンブルでキッチリ決めつつ、ドカーンとくる各人のソロ、コレクティブなインプロビゼーションへと繋いでいく凝った編曲。
 ヴィブラフォンが前に出る場面も本作ではたっぷり。
 さらに乾いたスネアの音が目立つ激しいドラム。
 そして締めはマリンバの音がすっとぼけてるんだか、妖しいんだか、長閑なラテン調のトリオ演奏で締め。
 これまた珍味でよろしいのでは。
 この後音量とテンションをさらに上げていくバンド、ヴィブラフォンが目立つアルバムはこれが最後でしょうか。
 そんなバランスのDave Hollandバンド。




posted by H.A.