“Conference of the Birds” (1972) Dave Holland

Dave Holland (bass)
Barry Altschul (percussion, marimba)
Sam Rivers, Anthony Braxton (reeds, flute)

Conference of the Birds
Barry Altschul
Ecm Records
2000-04-11


 Dave Holland、1970年代序盤、フリー混じりのコンテンポラリージャズ、ECMレコードから。
 “Bitches Brew”(Aug.19-21,1969)を始め、エレクトリックMilesの初期を支えた人。
 上記はもちろん、“1969Miles” (1969), “Balladyna” (1975) Tomasz Stankoなどでも凄まじい演奏が記録されています。
 リーダー作ではあくまでウッドベースでアコースティック4ビート中心、フリー混じりのジャズ。
 ファンク路線へ突き進むMilesバンドに長居しなかったのも納得の「ジャズ」。
 ピアノレス、複数ホーンは以降の作品とも共通する編成。
 本作の二人は凄まじいブチ切れサックス。
 テーマを決めたら怒涛の疾走。
 グルグルととぐろを巻くテナーに、激情を発しながら飛翔するアルト、ソプラノ。
 激しい演奏ながらビートを崩すことなくグングン前に進むベース、自由にアクセントを加えるドラム。
 1970年代エネルギー放出型ジャズのようで、どこか醒めた感じのクールネス。
 フリーなコレクティブインプロビゼーションなども交えつつ、これでもかこれでもかとそんな演奏がてんこ盛り。
 これは凄い。
 甘さゼロ、ダークで辛口、ハードボイルドなジャズ。




posted by H.A.