“Angular Blues” (2019) Wolfgang Muthspiel

Wolfgang Muthspiel (guitar)
Scott Colley (bass) Brian Blade (drums)

Angular Blues
Wolfgang Muthpiel
ECM
2020-03-20


 Wolfgang Muthspiel、トリオでのコンテンポラリージャズ、ECMレコードから。
 近年毒気や過激さが影を潜め、オーソドックスなジャズに寄った感もありますが、本作もその流れ、スッキリ系のコンテンポラリージャズ。
 少しだけ哀し気なメロディ、ちょっと複雑な展開、しっかりジャズ。
 ECMでの諸作そのままの空気感、同じくトリオの”Driftwood” (2014)よりもキリっとした感じでしょうか。
 数曲のアコースティックギターに、エレキギターは例のPat Metheny以降のふわりとしたクリーントーン。
 ちょっとクラシカルな感じの音の動きもちりばめながら、あちこちに飛び回りながら疾走するギター、バンド。
 各曲、ジワジワと盛り上がりつつ、終盤にテンションが最高潮に達するドラマチックな演奏群。
 が、どこか醒めた感じのクールネス。
 紛うことなくジャズなのですが、一筋縄ではいきません。
 二曲取り上げられたジャズスタンダードもきちんとそれらしく聞こえるのですが、なんだか不思議感たっぷり。
 その源泉はギターのフレージングなのか、複雑な楽曲の展開なのか、ビートの作り方なのか。
 明後日の方向に行くわけではなく、かといって落ち着いているわけでもなく。
 静か過ぎずうるさ過ぎず、甘すぎず辛すぎず、ぶっとび過ぎず、でも普通ではない感たっぷり。
 全編に漂うクールネス、ハードボイルドネス・・・
 そんなバランスが通好み、ってな感じの現代ギタージャズ。




posted by H.A.