“At the Blue Note” (Jun.1994) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

At the Blue Note: The Complete Recordings
Keith Jarrett / Jack DeJohnette / Gary Peacock
Ecm Records
2000-09-12


 Keith Jarrett Standars、1994年、ライブハウスのステージ。
 三夜、全六セットの記録。
 ここまで物量で攻められてしまうと、もうごちそうさまというか、参りましたというか、何と申しましょうか。
 ところどころに毒気も散りばめられていますが、“At the Deer Head Inn” (Sep.1992)の流れを引き継いだようなモダンジャズに寄ったステージ。
 三日間、重複する楽曲は数曲のみ、どのセットも素晴らしいジャズ。
 集大成を作ろうとしていたのか、全てを記録することで、いつ訪れるかわからない次年の激烈な名演“La Scala” (Feb.1995)のような、神が降りてくる時間をとらえようとしたのか、ま、両方なのでしょう。
 さておき、概ねいつものStandarsなのですが、お約束?の楽曲変化(へんげ)を取り上げてみると以下の様な感じ。

Disc1.Fri.1set:”In Your Own Sweet Way”
Disc2.Fri.2set:なし
Disc3.Sat.1set:”Autumn Leaves”, “You Don't Know What Love Is/Muezzi”
Disc4.Sat.2set:“I Fall in Love Too Easily/The Fire Within”
Disc5.Sun.1set:”On Green Dolphin Street/Joy Ride”
Disc6.Sun.2set:なし

 なるほど、Disc3のみが単独リリースされたのは納得至極。
 かといって金曜、日曜のセカンドセットがハズレだったわけではなく、イントロ、アウトロが少々長尺で派手だったり、その他諸々、全セットともにドキドキ感がある時間。
 さらに、日曜セカンドに演奏された重々しく沈痛な”Desert Sun”が、次年の“La Scala” (Feb.1995)に繋がっていそうで何とも興味深い・・・なんてのはマニアックな見方なのでしょうねえ。
 ともあれ、平和なジャズあり、疾走と浮遊の心地よさあり、強烈な高揚感あり、そして謎ありの演奏集。
 さて神は舞い降りたのか?
 それは個々にご判断を。

※別のステージから。
 

posted by H.A.