“Somewhere Before" (Aug.1968) Keith Jarrett

Keith Jarrett (Piano)
Charlie Haden (Double Bass) Paul Motian (Drums)

サムホエア・ビフォー
キース・ジャレット・トリオ
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-07-24


 Keith Jarrett、初期の人気作、トリオでのライブ録音。
 同メンバーの“Life Between the Exit Signs" (May.1967)の流れを引き継いだ少し変わったジャズ。
 冒頭、Bob Dylanをジャズで演奏しようなんて発想は、当時は珍しかったのでしょう。
 フォーキーな色合い、American Saudadeなセンチメンタルで懐かしい空気感。
 続くバラードは耽美、内省、タメた上で突っ走るロングフレーズ、あの“官能的”で美しいピアノ。
 Paul Bleyと双璧、Bill Evansでは聞かれなかった、モダンジャズから一歩踏み出したようなムード。
 さらに続くはOrnette Coleman的テーマからグシャグシャと崩れていくフリージャズはこの期の定番。
 そしてジャズロックにルバートなスローバラード、ラグタイム・・・
 後々まで続くスタイルの多くが提示され、ここで出ていないのはゴスペルチックなリフレインでドカーンと盛り上がるパターンと、クラシックに寄ったパターンぐらいでしょうか。
 さまざまな色合いてんこ盛り、ギュッとコンパクトに詰め込んだ演奏集。
 結果、印象がバラけてしまうのは止むを得ないのですが、そんなことは些末な話。
 人気作なのもさもありなん。




posted by H.A.