“Bad Benson” (1974) George Benson

George Benson (guitar)
Phil Upchurch (guitar, electric bass, percussion) Kenny Barron (piano) Ron Carter (bass) Steve Gadd (drums)
Garnett Brown, Warren Covington, Wayne Andre (trombone) Paul Faulise (bass trombone) Alan Rubin, Joe Shepley, John Frosk (trumpet) Phil Bodner (English horn, clarinet, alto flute) George Marge (English horn, flute, piccolo flute) Ray Beckenstein (flute) Al Regni (flute, clarinet) Brooks Tillotson, Jim Buffington (French horn) Margaret Ross (harp) Alan Shulman, Charles McCracken, Frank Levy, Jesse Levy, Paul Tobias, Seymour Barab (cello)

バッド・ベンソン
ジョージ・ベンソン
キングレコード
2016-09-07


 George Benson、1974年作、CTIから。
 シンプルなソウル~ファンクフュージョン“Body Talk” (1973)に対して、後のキッチリしたビートのフュージョンな感じ、派手で凝りまくったオーケストラのゴージャスなサウンドを含む一作。
 冒頭”Take Five”は、背景は控え目なものの、凝ったリズムパターンで徹底的に弾きまくり。
 続くは一転、ストリングスを背景にした漂うようなバラード、さらには攻めたストリングスが彩るラテンなフュージョン、ソフトなフュージョンときて、ド派手なホーンのオーケストラの激しキツメな演奏。
 締めはエレピとストリングスが背景を彩る、静かで綿々としたバラード。
 いろんな色合いを詰め込みつつの、ポップなようで凝ったジャズフュージョンサウンド。
 CDではボーナストラックとして、ジャズ、ブルース、ソロギターでのバラードが加わります。
 シンプルなところから抜け出そうと試行錯誤しつつ、選ばれたのが攻めた6曲だったんだなあ、と感心しきり。
 余分なものをそぎ落として、あの洗練の極み“Breezin'” (1976)に昇華?していく過程が見えるような演奏集。




posted by H.A.