“Beyond the Blue Horizon” (1971) George Benson

George Benson (guitar)
Clarence Palmer (Hammond organ) Ron Carter (double bass, electric cello) Jack DeJohnette (drums) Michael Cameron, Albert Nicholson (percussion)

Beyond the Blue Horizon
George Benson
Cti
2002-02-18


 George Benson、1971年作、CTIから。
 オルガン入りのコンボでのジャズ。
 オーケストラは入っていませんが、新しい質感のスムースなジャズ。
 フュージョンまではいかずとも、そんな感じも漂っていて、1960年代までのモダンジャズとは明らかにムードが違います。
 冒頭、ビートが伸び縮みする”So What”から全開の疾走。
 どこまでも突っ走りまくるジャズなギター。
 Ron Carter, Jack DeJohnetteと役者が揃い、もしあのMilesバンドともう少し共演していたら、などと想像してみたりもしますが、この期のMilesさんからすれば、スムースなジャズに寄り過ぎなのでしょうねえ。
 続くボサノバ“The Gentle Rain”も、これまた血管切れそうな怒涛の弾きまくり。
 他は“Breezin'” (1976)的ソフトソウルなジャズ、静かで幻想的なバラード演奏、ラテン風味とサイケが混ざり合う、あるいはJohn McLaughlinっぽい不思議な演奏。
 1970年代ジャズ、フュージョン、ボサノバ、ソウルな感じ、攻撃的ジャズなど、バラバラなようで不思議な統一感。
 文字通りクロスオーバーな感じ、モダンジャズとは異なる疾走感。
 時代は変わったようですねえ。
 カッコいいんじゃないでしょうか。




posted by H.A.