“Searching The Continuum” (2019) Kurt Rosenwinkel, Bandit 65

Kurt Rosenwinkel (guitar, electronics)
Tim Motzer (guitar, guitar synth, electronics) Gintas Janusonis (drms, percussion, circuit bent toys)

サーチング・ザ・コンティニュウム
KURT ROSENWINKEL BANDIT65
MOCLD
2019-10-09


 コンテンポラリージャズのギタリストKurt Rosenwinkelの変則トリオ。
 ハイテンションジャズを極めた後は、モダンジャズやらブラジルやら、いろいろな色合いのアルバムがありますが、本作は少々アバンギャルドな演奏集。
 各国でのステージのライブ録音から選んでまとめたようです。
 フリーなインプロビゼーションなのかもしれませんが、無秩序でも、抽象的な場面ばかりでも、難解でもありません。
 フリーな音の動きが徐々に何かに収斂していく音の流れ。
 冒頭に収められた”Inori”は”祈り”のことでしょうか。
 そんな敬虔なムード、電子音とギター、パーカッションが絡み合う幻想的な音から始まり、漂う音の中から徐々に立ち上がってくるコードの動き、定まってくるビート、そしてあのハードなジャズの演奏そのまま、怒涛のギターインプロビゼーションへ・・・
 そんな流れの演奏が中心。
 全七偏、さまざまな表情ながら、いずれも哀しげなムード、ハイテンションな音、とてもドラマチック。
 静かで妖しい音の流れから徐々に音量とテンションが上がり、気がつけばあのどこまでも続いていきそうな凄まじいインプロビゼーションの渦の中。
 伝統のフォームを守った予定調和にならず、抽象的で不可解にならず。
 そして終盤に向けてドカーンと盛り上がるカタルシス。
 フリー、ミニマル、アンビエント、先端系などに、強烈なジャズインプロビゼーションをフュージョンした新しいバランス、かも。
 とてもカッコいいと思います。


 

posted by H.A.