“Looking Ahead!” (1959) Cecil Taylor

Cecil Taylor (piano)
Buell Neidlinger (bass) Denis Charles (drums)
Earl Griffith (vibes)

Looking Ahead
Cecil Taylor
Ojc
1991-07-01


 Cecil Taylor、1959年作。
 この期はフリージャズではなく、ぶっ飛び気味のモダンジャズ。
 さらに本作ではヴィブラフォンがたっぷりフィーチャーされ、涼し気で爽やかな感じさえします。
 っても平和なスタンダード演奏、ってな感じはなく、普通じゃない感たっぷり。
 不協和音な響きがあちこちにちりばめられ、予想外の方向に流れていく音。
 バンドのメンバーはいたって普通に4ビートジャズを演奏しているように聞こえますが、ピアノだけはさにあらず。
 ゴンゴン叩いていたと思ったら、ピキパキしたり、キンコンカンしたり、流麗に疾走してみたり。
 縦横無尽に飛び跳ねる様は、Monkさんに加速装置を付けてよりシャープにした感じというか、何と申しましょうか・・・
 いずれにしてもすさまじい演奏力。
 オリジナル曲のメロディはぶっ飛び気味の辛口風味。
  “Outward Bound” (Apl.1960) Eric Dolphyあたりに近いひねくれ方なのですが、また別テイスト。
 激しい場面はありますが激情感はなく、どこかスタイリッシュ。
 美しいピアノの音も含めてクールにも聞こえます。
 さて、同時期の鬼アルバム“Kind of Blue” (1959) Miles Davisと比べてどちらがモダンなのでしょう。
 さて・・・?




posted by H.A.