“Belo Horizonte” (2013-2018) Toninho Horta & Orquestra Fantasma

Toninho Horta (guitars, voice)
Andre Dequech (keyboards) Yuri Popoff (bass, voice) Esdra Nenem Ferreira (drums) Robertinho Silva (Percussion) Lena Horta (flute, voice) 
Nivaldo Ornelas (tenor sax) Breno Mendonca (soprano sax) Wagner Souza (trumpet, flugelhorn) Pedr Aristides, Joao Machala (trombone)
Juarez Mareira (guitar) Rudi Berger (violin) William Galison (harmonica)
Lisa Ono, Joyce, João Bosco, Deular Andrade, Carla Vilar, Tadeu Franco, Coral Mater Ecclesiae, Samuel Victor, Freitas Ferreira (voice)


 Toninho Hortaの2019年リリース作品。
 コンボ編成+αで時間を掛けて制作された様子のセルフカバー集と新曲集のたっぷりCD二枚組。
 全編、あの柔らかでさり気ない浮遊感たっぷりのブラジリアンフュージョン~ポップス。
 ピアノトリオ、パーカッション、フルートに自身のギターのオーソドックスな編成をベースに、楽曲ごとに管楽器、ストリングス、コーラス、ゲストボーカリストなどが加わる、あるいは人数を絞る、これまたオーソドックスなMPB作品の構成。
 一枚目のセルフカバー集は、ボーカル曲中心。
 “Durango Kid”から始まり、 小野リサが歌う“Beijo Partido”、Joyce, João Boscoの参加が一曲ずつ、などなど。
 “Moonstone” (1989)あたりの雰囲気、スッキリしたコンボ演奏を中心に、柔らかな歌、あの丸いクリーントーンのエレキギターもたっぷり。
 いかにもあの時代のMPB、ブラジリアンフュージョンっぽい感じなのですが、柔らかな空気感、しなやかなビートがとても心地いい、極めて上質な定番サウンド。
 CD二枚目は新曲、インスツルメンタル中心。
 明るいのだけどもどこか陰のある、そしてどこか懐かしいSaudadeな演奏揃い。
 Orquestra Fantasmaはデビュー作"Terra dos Pássaros" (1979)のバンド名のようです。
 それを意識したのかどうか、少々顔を出すファズが掛かったサイケなギターやらエレピやらを含めて、あの時代の空気感もちらほら。
 かといって過剰ではない、スッキリした今風の音。
 所々で聞かれる静かにヒタヒタと迫るビート、柔らかなギター、スキャットヴォイス、メロディの動きは、あの時期のPat Methenyへの影響がまるっと見える音。
 Patさんは変わりましたが、Toninhoさんは変わりません。
 それがカッコいい。
 全部含めて、ノスタルジーとか何とかを超えた、とても素敵で心地よい今の音。




(1979) "Terra dos Pássaros
(1980) ”Toninho Horta” 
(1988) ”Diamond Land” 
(1989) “Moonstone” 
(1992) ”Once I Loved” 
(1992) “Sambao” Kenny Barron 
(1993) ”Durango Kid” 
(1994) “Live in Moskow” 
(1994) ”Foot on the Road” 
(1994) “Toninho Horta & Carlos Fernando” 
(1995) ”Durango Kid 2” 
(1995) “Cem Boce” with Joyce 
(1997) “From Belo to Seoul” with Jack Lee 
(1997) “Serenade” 
(1998) ”To Jobim with Love” (From Ton to Tom) 
(1999) “Duets” with Nicola Stilo 
(2000) “Quadros Modernos” with Juarez Moreira and Chiquito Braga 
(2003) “Vira Vida” with Nicola Stilo 
(2004) ”Com o pé no forró” 
(2007) “Solo ao Vivo” 
(2007) “Toninho in Vienna” 
(2007) “Cape Horn” with Arismar do Espírito Santo 
(2008) “Tonight” with Tom Lellis 
(2010) ”Harmonia & Vozes” 
(2010) “From Napoli to Belo Horizonte” with Antonio Onorato 
(2012) ”Minas Tokyo” 
(2014) “No Horizonte de Napoli” with Stefano Silvestri 
(2015) "Alegria é Guardada em Cofres, Catedrais" with Alaíde Costa
(2013-2018) “Belo Horizonte” 

posted by H.A.