“Que Bom” (2017) Stefano Bollani

Stefano Bollani (Piano)
Jorge Helder (Double Bass) Jurim Moreira (Drums) Armando Marçal, Thiago da Serrinha (Percussion)
Caetano Veloso, João Bosco (Voice, Guitar) Hamilton de Holanda (Bandolim) Jaques Morelenbaum (Cello) 
Zé Nogueira (Soprano Saxophone) Everson Moraes (Trombone) Aquiles Moraes (Trumpet) Frida Magoni Bollani (Voice)



 イタリアのピアニストStefano Bollaniの2017年作。
 ブラジル録音のブラジリアンジャズ。
 “Carioca” (2008)から十数年ぶり、同じメンバーのピアノトリオを中心として、楽曲ごとにさまざまなビッグネームをゲストに迎えています。
 いつも通りにクラシックの色合いが混ざりつつの、明るい色合いのジャズピアノ。
 クィーカーなどの心地よい音が混じりつつの軽快なブラジリアンジャズ。
 自身のオリジナル曲を中心に、たっぷり16曲。
 ピアノトリオ+パーカッションを中心とした演奏に、Caetano Veloso、Jaques Morelenbaum が二曲、João Bosco, Hamilton de Holandaが各一曲。
 ホーンのアンサンブルが二曲に加わり、彩を加えていきます。
 Caetano Velosoは耽美でセンチメンタル、Jaques Morelenbaum は幻想的、Hamilton de HolandaJoão Boscoの各一曲はハイテンションで悠々堂々。 
 各人の色合いそのまま、それらが明るい色合いのヨーロピアンジャズピアノトリオに変化をつけ、多彩な表情。
 オリジナル曲も、哀愁のブラジル風あり、派手なサンバ風あり、ジャズあり、ヨーロッパの街角演芸風あり、その他諸々。
 いろんな色合いが混ざった作品が多い人だったと思いますが、ブラジル録音に絞ってもそんな感じになってますかね?
 共通するのはシャープで軽快なピアノ。
 明るくイタリアンなブラジリアンミュージックの一作。




posted by H.A.