“Carioca” (2008) Stefano Bollani

Stefano Bollani (Piano, Voice)
Jorge Helder (Bass) Jurim Moreira (Drums) Armando Marçal "Marçalzinho" (Percussion)
Marco Pereira (Guitar) Nico Gori (Clarinet) Mirko Guerrini, Zé Nogueira (Saxophone)
Mônica Salmaso, Zé Renato (Vocals)



 イタリアのピアニストStefano Bollani、2008年のブラジリアンジャズ。
 ブラジル系の楽曲を取り上げることが多い人ですが、本作はブラジルで現地のメンバーと録音した本格派。
 選択されたブラジル曲たちは、陽気系あり、哀愁系あり、浮遊系あり、クラシック系あり、さまざまな時代ありのさまざまな表情。
 さらに楽曲ごとに編成を変えた多彩な音。
 ピアノトリオ+ギター+パーカッションのオーソックスな編成あり、ピアノソロあり、管楽器、あるいはギターを前面に出した構成あり、木管、あるいはヴォーカルとピアノのDuoあり、弾き語りあり。
 そんなさまざまな演奏の中を突っ走り転げまわり、ときに漂う、クラシックテイストが混ざる明るく軽快なジャズピアノ。
 漂ったり零れ落ちたりしそうな繊細さと、疾走が交錯する音。
 上品なようでどこかぶっ飛んだような、落ち着きそうで落ち着かない、不思議な色合い。
 この人の音楽はいつもそんな感じでしょうかね。
 ブラジリアンミュージックをやってもまた然り。
 あのMônica Salmasoも一曲に参加、スモーキーでミステリアスな声と、漂うようなミステリアスなピアノとのDuo。
 などなど含めて、お洒落なような不思議なような、なんだかんだで洗練されたサウンド。
 なるほど、確かにイタリアンなブラジリアンミュージック。




posted by H.A.