“Telephone” (1984) Ron Carter, Jim Hall

Jim Hall (guitar) Ron Carter (bass)

Telephone
Ron Carter
Concord Records
1990-10-25


 Ron CarterとJim HallのDuo、ライブ録音。
 ライブ録音の“Alone Together” (1972)、“Live at Village West” (1982)の続編。
 二人のオリジナル曲が半分にジャズスタンダードが半分の構成、それらと同様。
 但し、会場がライブハウスから大会場になり、グラスの触れ合う音も聞こえてきません。
 その空気感のせいか、音のイメージも少し変わった感じ。
 沈んだ感じがなくなり、元気いっぱい動きまくっている印象。
 あの"Alone Together"までがスウィンギーでアグレッシブな感じに様変わり。
 ライブハウスとは違って大観衆、曲が終わるごとにやんややんやの大歓声なのだから、ま、そんな感じになるのもむべなるかな。
 ベースがブンブンうなりながらグングン前に進んで、ギターもマッチョな感じ。
 あの消え入るような儚く繊細な音の動きは色んな場面であるのですが、音の勢い、空気感に飲み込まれて、さてどうでしょう。
 “Alone Together” (1972)、“Live at Village West” (1982)、本作と、歳月が進むにつれ、アグレッシブに変わってきている感じでしょうかね。
 とかなんとか、そんな子細なことは横に置いて、会場にいるつもりになって、達人たちのノリノリの名人芸を堪能するのが吉。




posted by H.A.