“The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery” (1960) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Tommy Flanagan (piano) Percy Heath (bass) Albert Heath (drums)



 Wes Montgomery、言わずと知れた大名作。
 オーソドックスなピアノトリオを従えた王道ジャズギターカルテット。
 にぎやかな管が入らない分、少し沈んだムード、クリーントーンのエレキギターの音が醸し出すクールな質感。
 心地よくバウンドするピアノトリオを背景にして突っ走るギター。
 アップテンポの疾走から始まって、ブルースにバラード、そして必殺“Four On Six”。
 少し沈んだムードの中、グングン前へ前へと進むバンド。
 決して愛想があるわけではないシンプルなメロディ、カッコいいブレーク。
 おもむろにシングルトーンから始まり、オクターヴ、コードとテンションを上げていくギターのインプロビゼーション。
 穏やかに始まりつつも突っ走る、でもあくまで上品なピアノ。
 ロマンチックでメロディアスではなく、クールでハードボイルド。
 カッコいいなあ。
 さて、この曲ぐらいカッコいいジャズ曲は他にどのくらいあるのでしょう。
 “Full House”?“Road Song”?
 ん?全部Wesさんじゃん。
 図らずともそんなことを思ってしまう名作、名演。




posted by H.A.