“Epistrophy” (2016) Bill Frisell

Bill Frisell (Guitar)
Thomas Morgan (Double Bass)

Epistrophy
Bill Frisell
Ecm
2019-04-11


 カリスマBill Frisellと若手名ベーシストThomas MorganのDuo作品、ライブ録音。
 舞台はニューヨークVillage Vanguard。
 “Small Town” (2016)と同じタイミングの録音なのでしょう。
 同じ質感、静かで強烈な浮遊感、でもしっかりと軸の見える、妖しく美しい演奏。
 冠されたThelonious Monkにジャズスタンダードをたっぷり、かつての盟友Paul Motianに、映画曲などなど。
 選曲も“Small Town” (2016)に似通った感じですが、こちらの方がジャズスタンダードが多い分だけジャズ度が高く、また、スローバラードが多い分だけ、オーソドックスにメロディアスにまとまった感じでしょうか。
 もちろんギターは不思議感、浮遊感たっぷり、ロック、カントリー、少しのジャズが交錯するあの名人芸。
 かつての素っ頓狂さ、ときおりの凶悪さは影を潜め、ほどほどのリバーブが効いたクリーントーン。
 近年の色合いのソリッドな音は、少し枯れた感じを醸し出しつつの、幽玄なムード。
 あちこちを漂い、消え入りそうになりながらも、落ち着くところにスッキリ収まっていく音の流れ。
 ベースは出しゃばることなく、が、しっかりと静かなグルーヴを作る、これまた名人芸。
 不安には陥らない、心地よい幻想へと誘うトリップミュージック。




posted by H.A.