“Elis, Essa Mulher” (1979) Elis Regina

Elis Regina (vocal)
Cesar Mariano (Keyboards) Hélio Delmiro (Guitar) Joyce (Acoustic Guitar) Luizão Maia (Bass) Paulinho Braga (Drums, Percussion) Chico Batera (Crotales) Cidinho (Percussion)
Zé Bodega (Saxophone) Edmundo Maciel (Trombone) Marcio Montarroyos (Trumpet)

Essa Mulher
Elis Regina
Wea International
2007-08-21


 Elis Regina、1979年作。
 とても洗練されたブラジリアンポップス。
 いまや“Elis Regina in London” (1969) の熱は落ち、“Elis” (1974)あたりで出てきたスッキリしたジャズ・ファンク・サウンドが磨かれ、完全に仕上がったような完成度。
 AORな時代のそんな音にも、ヴォーカル入りフュージョンにも聞こえますが、派手なブレークまでがナチュラルで柔らかなブラジリアンポップス。
 必殺の高速ブラジリアンファンクにアレンジされたBaden Powellから始まり、João Bosco, Joyce, Cartola, Guingaなど、粒揃いのキャッチーなブラジル曲たち。
 緩急織り交ぜた余裕たっぷりの歌は、あの超絶なスピードと変幻自在な表現に加えて、エレピが印象的なスッキリとしたサウンドと相まってとても優雅。
 現代の女王、娘Maria Ritaさんの音と同じくらい現代的な洗練。
 特殊な熱にうなされたような“Elis Regina in London” (1969)に対して、スッキリまとまった本作。
 こちらをイチオシにする人も多いのでしょう。
 納得の完成度の傑作。




posted by H.A.