“Bridge over Troubled Water” (1969) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Herbie Hancock (electric piano) Gene Bertoncini, Sam Brown (guitar) Ron Carter (double bass) Jerry Jemmott (Fender bass) Airto Moreira, Bill Lavorgna, João Palma (drums) and Orchestra

明日に架ける橋(紙ジャケット仕様)
ポール・デスモンド
ユニバーサル ミュージック クラシック
2005-12-14


 Paul Desmond、エレキサウンドを前に出したポップなジャズフュージョンな一作、Simon & Garfunkelの楽曲集。
 “Summertime” (1968)に続くアルバム、ボサノバの“From the Hot Afternoon” (1969)と同年の制作。
 企画自体はなんだかなあ・・・と思ってしまいますが、楽曲は折り紙付きの名曲揃いだし、気鋭のジャズメンを集め、豪華なホーンにストリングス。
 "El Condor Pasa" で幕を開け、"Mrs. Robinson","Scarborough Fair"を挿みつつ、 涙々の"Bridge over Troubled Water"で締める、絵にかいたようにコマーシャリズムに溢れた構成。
 それでも、Milesバンドを脱した頃であろうHerbie Hancockのエレピが浮遊感を醸し出し、Ron Carter含めたモダンジャズをはみ出した手練れな演奏のジャズにボサノバ。
 その上に乗ってくる、いつもながらにクールなアルト。
 1970年代の一歩手前、時代の波に乗ろうとするポップで洗練されたなサウンドと、優しく頑固なアルトサックス。
 ポップ寄りなサウンドですが、これはこれで結構かと。




posted by H.A.