“Songs of Thessaloniki” (2014) Savina Yannatou & Primavera En Salonico


Savina Yannatou (voice)
Kostas Vomvolos (qanun, accordion) Yannis Alexandris (oud, guitar) Kyriakos Gouventas (violin) Harris Lambrakis (nay) Michalis Siganidis (double bass) Kostas Theodorou (percussion)

Songs of Thessaloniki
Savina Yannatou & Primav
Ecm Records
2015-05-18


 ギリシャのボーカリストSavina Yannatouと地中海系伝統音楽バンドPrimavera En Salonico、ECMでは“Sumiglia” (2004)、“Songs of an Other” (2007)に続くアルバム。
 本作はギリシャの都市Thessalonikiにまつわる楽曲集。
 Thessalonikiはギリシャの北東部の港町。
 トルコ、東欧にも近くヨーロッパと中近東の結節点なのでしょう。
 ここまでの諸作と同様、諸々の民族感、歴史感、空気感が入り混じる、そんなサウンド。
 いつも通りに静かでゆったりした音の流れが中心。
 祈り系あり、祝祭系あり、呪術系あり、勇壮系あり、童謡系あり・・・そして全編を漂うそこはかとない哀感、やるせなさ。
 アコーディオンとバイオリンよりもウード、カヌーンといった中近東系楽器の音が目立つ印象、メロディも中近東寄りな感じがするのはThessalonikiの場所ゆえでしょうか。
 ヴォイスも裏声の時間が長くなったイメージ。
 ときおりのベースが目立つ場面のジャズなグルーヴがかろうじて現代に引き戻す・・・そんな感じ。
 どこか懐かしい感じがするのは、歴史の優しさゆえなのか、それとも哀しさゆえなのか?
 諸々あわせて強烈な非日常感。
 いにしえのエーゲ海へのトリップミュージック。




posted by H.A.