『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)



 2019年、監督マイケル・ドハティ、出演カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、ブラッドリー・ウィットフォード、渡辺謙、サリー・ホーキンス、チャールズ・ダンス、他。
 『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編。
 前作から経つこと5年、姿を潜めていたゴジラ。
 徐々に目覚め始める怪獣(タイタン)たちと、それそれに呼応するように動き出すゴジラ、取り巻く怪しい人間たちの動き。
 美しい光に包まれるモスラ、凶悪なラドン、神々しいまでに禍々しいキングギドラ。
 なんだかとてもカッコよくなってしまった懐かしいジャパニーズ怪獣の姿は、その世代の人にとっては、それだけで何ともいえない感慨でしょう。
 前作でのなかなか全体像を見せない怪獣たち、要所でのスローモーション、無音の時間など、強烈な緊張感を醸し出す凝った演出はあまりありません。
 遠慮なしの直球勝負、いきなり登場しての肉弾戦に空中戦、熱線、光線のぶつけ合い。
 これでもかこれでもかの凄まじい戦闘場面の連続、それを支える凄まじいCG、これまた凄まじい大音量。
 不可解な人間たちの心理やら行動やら、何人かのキーパーソンのあっけない死やら、怪獣たち同士の関係性?やら、もっと何とか・・・とか思ったりもするのですが、ま、それもお好みでしょう。
 とにもかくにも、ゴジラのテーマやらモスラの歌やらから『シン・ゴジラ』(2016)までを含めて、ジャパニーズゴジラへの愛がたっぷり詰まったハリウッド製ゴジラ。 
 難しく考えないで、カッコいい怪獣たちとその美しい?映像、凄まじいまでの戦闘劇を楽しむのが吉。




posted by H.A.