“Returnings” (2018) Jakob Bro

Jakob Bro (guitar)
Thomas Morgan (double bass) Jon Christensen (drums)
Palle Mikkelborg (trmpet, flugel horn)

Returnings
Universal Music LLC
2018-03-23


 デンマークのギタリストJakob Bro、“Streams” (2015)に続くECM制作。
 ドラムが前々作“Gefion” (2013)のJon Christensenに戻り、ベースは不動のThomas Morgan。
 さらに同じくデンマークのベテラントランペッターPalle Mikkelborgが加わります。
  前二作と同じく、淡くて漂うようなマイルドな音、薄く乳濁色が掛かったような幻想的な空気感。
 トランペットが加わることで音の輪郭がシャープになり、哀し気なミュートの音が寂寥感を助長しますが、空気感は変わりません。
 全編ゆったりと漂うようなテンポ。
 ふわふわとしたギターに、静かにグルーヴするベース、フリーにアクセントをつけるドラム。
 その穏やかであいまいな時間に寄り添うようなトランペット。
  “Gefion” (2013)にも収められていた哀し気なバラード"Oktoberから始まる、淡くて不思議な時間の流れ。
 強いビートはなく、強い音もフリージャズ混じりのタイトル曲”Returnings”のみ。
 淀んだ時間、迷宮に迷い込んだような、どこかわからない世界にいるような時間が続きます。
 とても穏やかで温かですが、なぜか強い寂寥感。
 その最後に収められた前向きな短いバラード”Youth”。
 全体を通して聞けば、少し抽象的で哀しい映画のようなさり気ないドラマチックさ。
 そんな構成がこの人のアルバムのカッコよさ。
 こんな空気感がDanish Saudadeなのかもしれません。




posted by H.A.