“Romaria” (2017) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
Eivind Aarset (Guitar) Michel Benita (Double Bass) Sebastian Rochford (Drums)

Romaria
Universal Music LLC
2018-02-16


 イギリスのサックス奏者Andy Sheppardのカルテットの最新作。
 前作“Surrounded by Sea” (2015)と同じメンバー。
 “Trio Libero” (2012)から変わらないヨーロピアン勢のベースとドラムにEivind Aarset。
 トリオでのオーソドックスなジャズに先端的ギターが妖しい響きで不思議な背景を付けていく形。
 トリオだけだと、いいジャズだねえ・・・で終わってしまいそうなところに、何だこれは・・・?の色合いを付けるギター。
 冒頭は物悲し気なスローバラード。
 漂うリズムに薄く妖し気な背景を作るギター、美しい音、適度な起伏を伴ったスムースなフレーズを奏でるテナーサックス。
 最高の心地よさ。
 二曲目、テンポが上がると強烈な疾走。
 そんな演奏が交錯します。
 サックスとギターもさることながら、全編通じて強い躍動感ベースに、静かにヒタヒタとしたビートを刻むクールなドラムがカッコいい。
 この二人がジャズ度が高いアルバム作る際の新しい世代のECMハウスリズム隊になるのかな?
 どこか懐かし気なメロディのオリジナル曲群。
 リーダーの作る音は20世紀型ジャズなのかもしれないけども、若手リズム隊の現代的なジャズ感覚と、先端的な、でもとても静かなギターのいい感じのバランス。
 妖しいギターが、前作よりも居場所を見つけた感じで、上手く自然にバンドに溶け込んでいます。
 ハイテンションに過ぎず緩すぎず、抽象的に過ぎず具体的に過ぎず、これまたいい感じのバランス。
 そんな古いようで新しい、新しいようで懐かしいジャズ。




posted by H.A.