“Fragments” (1986) Paul Bley

Paul Bley (piano)
Bill Frisell (guitar) Paul Motian (drums) John Surman (soprano,baritone sax, bass clarinet)



 Paul Bleyのフリージャズ混じりの1986年作。
 “Open, to Love” (1972)以来、十数年ぶりのECMでの制作。
 ベースレスでの強い浮遊感。
 それを助長するBill Frisellのギターに、これまた浮遊感ビートの権化のようなPaul Motian、時にジャズ、時に妖しく、時にもどかし気なJohn Surman
 冒頭、陰鬱で妖しい空気感の中、美しいメロディの断片が見え隠れするような思索的な音の流れ、静かなフリージャズからスタート。
 バリトンサックスの妖しい響きと、断片的ながら美しいピアノの音。
 続くはBill Frisell作、彼のギターの強烈な浮遊感がリードするルバートでのスローバラード。
 穏やかだなあ・・・と思っていると、続くはディストーションギターとブルドーザーのようなバリトンサックスがうなる、激しく凶悪なエネルギー放出系ジャズ、あるいは陰鬱な激烈フリージャズ・・・
 さらに一転して、あの美しいピアノがリードするルバートでのスローバラード・・・
ってな感じで変幻自在、予測不可能なバンド。
 B面に移るとルバートでのスローバラードを中心とした、フワフワと漂うような演奏が中心、名作“Open, to Love” (1972)からの再演も何曲か。
 静かで穏やか、淡い色合い。
 幻想的な空間を作るBill Frisellと、鋭利で離散的なPaul Bleyのコンビは心地よさ最高。
 全体を眺めれば、1970年代ECMのキツさ、緊張感が少し和らぎ、強い浮遊感、静かで穏やかな表情も多くなった1980年代型ECMの一作。
 LPレコード時代のECMはA面がキツくてB面は聞きやすいので、B面から・・・の一作でもあるかな?

※別のバンドでの演奏から。


posted by H.A.