“Amor e Música” (2018) Maria Rita

Maria Rita (voice)
Rannieri Oliveira (piano) Fred Camacho (cavaco, banjo) Leanfro Pereira (guitar) Alberto Continentino (bass) Wallace Santos (drums) Jorge Quininho, Adilson Didao (percussion)
Diogo Gomes (flugelhorn, trumpet)

Amor E Musica
Maria Rita マリアヒタ
Universal
2018-02-09


 今やMPB界の大御所なのでしょう、Maria Ritaの最新作。
 スタジオ録音の作品は“Coração a Batucar” (2014)以来でしょうか?
 基本的にはそれと同様、期待と全くズレない安心安定の明るい系現代サンバ。
 電気系の楽器の登場場面は少なく、カバキーニョ、クイーカーなどの響きが強いナチュラルで伝統的なサンバっぽい作り。
 が、とても洗練されたいかにもポップでキャッチーで現代的なバンド。
 さりげなく音を重ねるトランペットが厚すぎず薄すぎないゴージャスさを醸し出す絶妙なパランス。
 そんな背景の中を自由に動く、ちょっとハスキーな声、サラリと流れていく自然な歌。
 シンプルでオーソドックスなようで、ちょっと聞いただけで彼女の音楽とわかる、さりげないようで強烈な個性。
 ここまでくると名人芸。
 母上のElis Reginaとは似てないんだろうなあ・・・といつも思うのですが、とにもかくにもいかにもMaria Ritaで完璧な現代サンバワールドが出来上がっています。
 なぜが本作では楽曲以外にはクレジットがない夫君?Davi Moraesのキャッチーな楽曲を中心として、全編にさりげない哀愁を漂わせながらもハイテンション、さりげなく陶酔を誘ういかにもサンバな楽曲揃い。
 キャッチーな楽曲に過不足なくスッキリとコンパクトにまとまった構成と完璧な演奏に完璧な歌。
 さすがの完成度のエンターテインメント。
 こりゃ気持ちいいや。


 

posted by H.A.