“Los viajes de dia” (2008) Rumble Fish

Claudio Bolzani (guitar, voice) Manuel Cerrudo (piano, keyboard) Gaston Bozzano (contrabass) Tuti Branchesi (drums, percussion)
Carlos Aguirre (piano, accordion) Mariano Suarez (trumpet, flugelhorn) Luis Suarez (flute) Ariel Migliorelli (bass)

 Shagrada Medraではありませんが、再びアルゼンチンのアーティストが続きます。
 アルゼンチンのバンドRumble Fish、ピアノトリオ+ガットギター+αでの静かなジャズフュージョン。
 名作“Luz de agua” (2005)、"Creciente'' (2016)の Claudio Bolzaniがメンバー、Carlos Aguirre もゲストで数曲参加。
 あの儚げなスキャットが時折乗ってきますが、あくまでピアノとギターを中心としたジャズフュージョン。
 キッチリ整ったビート感と洗練されたムード。
 Claudio Bolzani作品、あるいはQuique Sinesi諸作に近い空気感もありますが、さらにスッキリさせた感じ。
 ジャズ寄りの現代フォルクローレというよりも、少しだけ南米エスニックなジャズフュージョンの方がしっくりきます。
 実質的なリーダーはベースのGaston Bozzanoなのかもしれませんが、全体を通じた少し沈んだムード、端々のやるせないムードはClaudio Bolzani参加作品に共通する空気感。
 徹底的なまでに端正なピアノと、一歩後ろに引いた感じのとても静かで穏やかなギター。
 ドラムもベースもゲストも抑制された音使い。
 楽曲はメンバーのオリジナル曲にCarlos AguirreQuique Sinesi, Toninho Horta
 いかにもな、少々センチメンタルな現代フォルクローレ~ブラジル・ミナスなメロディ。
 強いグルーヴやドカーンとくる場面はありません。
 終始抑制されたムードと端正に過ぎる音の流れは、さらりと聞き流してしまいそうですが、じわじわとくる系。
 後ろでPat Metheny的なギターのストロークが静かに鳴り続く中での、Carlos Aguirre的なピアノの繊細な音が舞い落ちてくる”Villa Berna”など、なかなか他では聞けない色合いでしょう。
 抑制の美学、男の哀愁、静かな音のClaudio Bolzaniの面目躍如・・・ってなところ・・・かな?

※これはAca Seca Trio, Claudio Bolzani, Fernando Silvaの豪華メンバー。


posted by H.A.