“Obsidian” (2017) Kit Downes

Kit Downes (church organs) Tom Challenger(tenor sax)

Obsidian
Kit Downes
Ecm Records
2018-01-19


 イギリスのピアニストKit Downes、パイプオルガンのソロ演奏。
 “Time Is A Blind Guide” (2015) Thomas Strønenでカッコいいピアノを弾いていた人。
 ECMからの初リーダー作は、その疾走ピアノではなく、ちょっとビックリのパイプオルガン演奏。
 一曲のみサックスが加わりますが、他はオルガンの独奏。
 とても静かで淡い音。
 宗教的な雰囲気やクラシックな感じが強いわけではなく、むしろ未来的、宇宙的な空気感。
 シンセサイザーで奏でる幻想的なフューチャージャズ、あるいはフリーインプロビゼーションのようにも聞こえます。
 次々と音色を変えていくゆったりと漂うような音と、淡くて幻想的な音の流れ。
 音は穏やかに流れていきますが、先が読めない展開が続きます。
 そんな中に置かれたスタンダード“Black Is the Color of My True Love's Hair”の懐かしいメロディ。
 不思議感120%。
 最高のピアノニストが弾くパイプオルガンは、近年のECMの定番?、時代、場所が曖昧なトリップミュージック。
 全編を流れるどこか遠い所を眺めているようなムード。
 これまたSaudadeなのかもしれません。




posted by H.A.