“Reflejos” (1997-2011) Daniel Nakamurakare

Daniel Nakamurakare (bass)
Edgardo Acuña (guitar) Adrián Fernández Fazio, Marcelo Macri (piano) Ricardo Fiorio, Lautaro Greco, Pablo Mainetti (bandoneon) Pablo Agri, Juan Roqué Alsina (violin) Pablo Rodríguez (percussion)




 おそらくアルゼンチン在住日系人による、現代タンゴ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 少々重めのビート感、悲壮感も漂うようなメロディラインは、Astor Piazzolla的なイメージ。

 ってな感じでこのレーベルの現代フォルクローレのイメージとは雰囲気が異なります。
 さらに、ヨーロッパ系コンテンポラリージャズ的でもあるし、プログレッシブロック的にも聞こえます。
 Astor Piazzolla所縁のフォーマット。
 バイオリン、バンドネオン、ピアノが代わる代わる奏でる物悲しく深刻系のメロディとドラマチックな構成。
 音、ビートが上下左右に伸び縮みするバンドネオンと、激情を表出するバイオリン。
 そこまでは極めてAstor Piazzolla的なのですが、後方で、あるいはときおり前面に出るエレキベースのうねりが現代的。
 アンダーグラウンド的な妖しさもありながら、鬱屈した感じがしないのも微妙なバランス。
 むしろクールな質感、淡々とした哀感。
 それまた現代の音ならではなのかもしれません。
 フォルクローレとはまた違うアルゼンチン。
 クールな現代タンゴ。


 


posted by H.A.