“I Have the Room Above Her” (2004) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Joe Lovano (tenor saxophone) Bill Frisell (electric guitar)

I Have the Room Above Her
Paul Motian
Ecm Records
2005-02-08



 Paul MotianトリオのECM復帰作。
 ECMでは“It Should've Happened a Long Time Ago” (1984)以来、20年振りの作品になるのでしょう。
 “On Broadway Volume 1” (1988)など、別レーベルではジャズスタンダードを演奏するのが定番でしたが、本作はトリオのみでオリジナル曲中心の演奏。
 Jack Dejohnette、Jon Chrsitensenのヒタヒタと迫ってくる系とはまた違った、音数、音量を絞ったフリービートのドラム、舞い散るシンバルはこの人の真骨頂、いかにもECMなアーティストの一人。
 音の色合いは21世紀型ECMの穏やかで、静かで漂うような音。
 多くがルバートでのスローバラード。
 浮遊するギター、力の抜けた流麗なジャズサックス。
 その後ろで縦横無尽に、でも静かにビートを散りばめるドラム。
 ビート感を決めているのは、むしろフロントの二人のようにも聞こえるフリーなドラム。
 フロント陣が揺れているときには淡々と定常なビートを刻み、定まった時にはフリーに動くような不思議なバランスとアンバランス。
 今にも壊れそうで壊れない危うく繊細な美しさ。
 中盤以降、アップテンポでハードな演奏もありますが、その繊細さは変わりません。
 楽曲はジャズスタンダード、Monkナンバーを一曲ずつ、他はジャズスタンダードの香りが漂うメロディアスなオリジナル曲、Ornette Coleman風フリー的ジャズなどなど。
 夢と現、現実と非現実が交錯するような音の流れ。
 もちろん普通のジャズではありませんが、フワフワとした浮遊感と不思議なクールネスがとてもとても心地よい名作だと思います。




posted by H.A.