“Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)

Paul Motian (drums)
Joshua Redman (tenor saxophone) Brad Schoeppach, Kurt Rosenwinkel (electric guitar) Stomu Takeishi (electric bass)

Paul Motian & The Electric Bebop Band
Paul Motian
Winter & Winter
2005-02-01




 Paul Motian、Electric Bebop Bandでの第一作。
 Joe Lovano, Bill Frisellとのトリオもまだまだ続くのですが、それよりもさらにオーソドックスなジャズ寄り、全く意外に普通に4ビート中心、妖しさもない明るい音楽。
 後のメンバーがまるっきり交代したECM作品“Garden of Eden” (2004)あたりとは全く雰囲気が異なります。
 Dewey Redmanに通じるJoe Lovanoに変わって、Dewey Redmanとは全く違う感じの息子さんJoshua Redman、抜群の相性のBill Frisellではなく、今やスーパーギタリストKurt Rosenwinkel、なんてのは極めて趣のある人選。
 強い推進力のエレキベースにピアノレス、先端系のギターを二人にサックスの変則編成。
 ファンク、あるいはプログレッシブロックな音になってもよさそうなメンツですが、あくまでジャズ。
 Joshua Redmanはリーダー諸作のリリース前ですが、流麗なフレージングできっちりとジャズしています。
  ギター陣は少々歪んだ音で変態的、いや斬新なフレージングもちらほら。
 Kurt Rosenwinkelのリーダーデビュー“East Coast Love Affair” (Jul.1996)はまだ少し先。
 CrissCrossあたりでのセッションは始まっていた時期でしょうか?
 まだまだ若いというか、それでも大きくフィーチャーするPaul Motianの慧眼というか・・・
 ほんの少しだけコンテンポラリー風味を付けつつも、きっちりとジャズを演奏した、1992年のジャズドラマーPaul Motian。
 ちょっとむず痒いのは私だけ?




posted by H.A.