“Terras” (2016) Duo Taufic, Barbara Casini

Barbara Casini (Voice) Roberto Taufic (Guitar) Eduardo Taufic (Piano)

Terras
Duo Taufic
Via Veneto Jazz
2016-04-01


 イタリア在住のブラジリアンボーカリストBarbara Casini、ブラジルの兄弟Duoとのトリオ作品。
 Barbara Casini、同じくトリオでのハードなサンバ”Outro Lado” (1990)、あるいは 大御所Enrico Rava との“Vento” (1999)ではしっとり系のボサノバ。
 本作はその中間ぐらい、硬軟織り交ぜつつも抑制されたボサノバ~サンバ~ブラジリアンミュージック。 
 Taufic 兄弟はベテラン?の実力派なのでしょう、Robertoさんがイタリア在住のようですね。
 Edu Lobo, Dori Caymmiなどのブラジルの名曲が中心。
 キラキラと静かに煌めくようなピアノと静かなギターを背景に、美しくてほんの少しスモーキー、いかにもブラジリアンな優しい声でサラリと歌うBarbara Casini。
 躍動感は強いのですが、ドラム、ベース、パーカッションがいない分だけ、静かで穏やかな音の流れ。
 繊細で三者の出す音の細部が見えるような音作り。
 Andre Mehmariを穏やかに抑制的にしたようなピアノ。
 というか、クラシック寄りのブラジリアンピアノの典型的な音使いなのかもしれません。
 激しく動きまくり跳ねまくりますが、クラシックの色合いも混ざる上品な音の流れ、スローテンポではたっぷりのタメを効かせ、時に突っ走る、タダモノではない感が漂う音使い。
 ギターはジャズ畑、ポップス畑でももまれたのであろう、ソツのない洗練された音。
 派手な動きはピアノに譲って、静かで穏やかな土台を作るような演奏。
 そんな音を背景にして、硬軟、緩急、激穏、さまざまな表情、貫禄十分の歌。
 聞き慣れてしまった有名曲ではなく、どこかで聞いたことがあるのだけども曲名も作者も思い出せない、そんなさり気なくて上質なメロディを奏でる上品な演奏。
 現代的ながらもなぜか懐かし気な音の流れ。
 イタリアン&ブラジリアンな一作。




posted by H.A.