“Calma” (2017) Carlos Aguirre Trío
Carios Aguirre (Piano)
Fernando Siiva (contra bass, cello) Luciano Cuvielio (drums, cascabeles)
Claudio Bolzani, Marceio Petteta (voice) Mono Fontana (keyboards)

Calma
Carlos Aguirre Trio
Shagrada Medra
2017-12-17


 現代フォルクローレの親分であろうCarios Aguirreのピアノトリオを中心としたアルバム。
 自身のレーベルShagrada Medraからはたくさんのアーティストの作品がリリースされ、“Serpentina” (2017)などの共演作はありますが、自身のリーダー作としては“Orillania” (2012)以来、久々の作品。
 名作“Luz de agua” (2005) のFernando Siivaがベーシスト、Claudio Bolzaniがゲスト参加し、音響派のMono Fontanaが名前を連ねます。
 ボーカルはゲストが入った一曲のみ。
 全体のムードは、ポップで躍動感強めの前作から大きく変わって、ヨーロッパ系、ECMな空気感も漂う、ピアノトリオによるとても静かなコンテンポラリージャズ。
 今時珍しく各曲が長尺な全七曲。
 静かで内省的なムード、甘すぎない淡いメロディも含めて、空気感は“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)に近い感じもあますが、もっともっと抑えたジャズな感じ。
 “Caminos” (2006)をジャズに寄せた感じでしょうか。
 ほのかにセンチメンタリズムが香るメロディに、漂うわけでも疾走するわけでもない、端正でゆったりとした落ち着いたピアノトリオ。
 弾きすぎないピアノ、スウィング、グルーヴしすぎないリズムは、ジャズな音とは少しニュアンスが違うのでしょう。
 もっと繊細で複雑な音。
 丁寧に置かれていくピアノの音。
 インプロビゼーション、インタープレーの場面も全て計算されているような、美しく哀しい音の流れが続きます。
 甘いメロディやカラフルなアンサンブル、歌がない分、ここまでの作品に比べると地味なのでしょう。
 が、耽美的で内省的、じわじわとくる系。
 数多い美しく哀しい名曲のメロディの断片を散りばめていくように淡々と続くピアノの音・・・
 そして最後に収められた、抑制されつつも強烈な高揚感の中での感動的な終演。
 これは名作“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の世界。
 その他、躍動感のある場面もしばしばありますが、基本的には静かで穏やか、フォルクローレな浮遊感のある音。
 時間の流れが遅くなっているような、ゆっくりと周囲の形式が変わっていくような音の流れ。
 ジャケットのイメージと同様に、孤独で寂寥感が漂う心象風景・・・、そんな形容が似合うのでしょう。
 アルゼンチンからは地球の裏側の日本の今の季節にピッタリの音かもしれません。




posted by H.A.