“Cello Blue” (2000) David Darling

David Darling (Cello, Electric Cello, MIDI Programming, Piano, Synthesizer, Vocals)

Cello Blue
David Darling
Hearts of Space
2001-08-28


 アメリカのチェリストDavid Darling、ソロ作品。
 ECMでたくさんの制作をしていた人。
 ソロ作品も“Cello” (1991,1992) などたくさんのアルバムがあります。
 が、本作はそれらECMのハイテンションで深刻ムードとは全く違うテイストの優しい表情。
 ジャズでもクラシックでもなく、ポップインスツルメンタル、あるいはヒーリングミュージックといった面持ち。
 ピアノ、シンセサイザーなどで背景を作り、ときおり鳥のさえずりなどの効果音をはさみながら、少々センチメンタルで美しいメロディをチェロが奏でていく構成。
 もちろん“Cello” (1991,1992) などに近いムードはあるのですが、さらに穏やかで優し気、ポップな音。
 “Cycles” (1981) のタイトル曲のような美メロの片鱗があちこちにちりばめながら、フワフワとした時間が続きます。
 あのSteve Kuhnの名演を想い出す、タメが効きつつも零れ落ちるようなピアノや、ときおりの幻想的なスキャットを交えながら、美しく静謐な音の流れ。
 ノリのいいビートはありませんが、十二分にポップです。
 David Darling、本音ではこんな作品を作りたかったのかな?
 なんだかんだでECM諸作は気難しくてねえ・・・
 ま、そちらはそれがカッコいいんだけど・・・
 タイトルやジャケットもなんだかなあ・・・ですが、中身は安っぽさなど皆無、極めて上質な音。
 気難しさゼロ、心地よさ最高。
 お目覚めのひと時に流れていると一日幸せになりそうな、そんな音。




posted by H.A.