“Cancao da Impermanencia” (2016) Guinga
Guinga (guitar, voice)



 ブラジル人ギタリストGuingaのソロ作品。
 どうもアウトテイク集のようです。
 とてもそうとは思えません。
 とてもとても静かで穏やかなギターとボイス。
 静謐な音からは神作品“João Voz é Violão” (2000) João Gilberto、あるいは”Rosa" (2006) Rosa Passosなどが思い浮かびます。
 ボサノバではないことも含めて全く違う音楽ですが、そんな感じの空気感。
 あるいは、ECMにたくさんある、ガットギターのソロ作品のムード。
 それらよりもノスタルジックにセンチメンタルに聞こえるかもしれません。
 全曲オリジナル曲、穏やかなメロディ。
 静々と爪弾かれるギターと、優し気でちょっと悲し気なスキャットボイス。
 それだけ。
 渋さ120%。
 多言は無用。




posted by H.A.