“Hermanos” (2013) Aca Seca Trio & Diego Schissi
Juan Quintero (guitar, voice) Mariano Cantero (drums, percussion, voice) Andres Beeuwsaert (piano, keyboards, voice)
Diego Schissi (piano) Guillermo Rubino (violin) Santiago Segret (bandoneon) Ismael Grossman (guitar) Juan Pablo Navarro (contrabass)

エルマノス
アカ・セカ・トリオ+ディエゴ・スキッシ・キンテート
コアポート
2014-07-23


 現代フォルクローレのAca Seca Trioと現代タンゴのDiego Schissiのバンドの共演。
 現代アルゼンチン音楽の傑作ライブ。
 いずれもその界隈の第一人者。
 予想に違わない、フォーキーな現代タンゴ、あるいはタンゴの香りがする現代フォルクローレ。
 ボーカルが前面に出ている分、後者のイメージ方が強い感じでしょうか。
 Juan Quintero、Diego Schissiの楽曲を中心として、古今の南米の楽曲を加えた構成。
 いずれも優しい表情のメロディと優しい音。
 Aca Seca Trioの音楽をもっと優しくして、ベース、バンドネオン、バイオリンが加わって華やかになった印象。
 あるいは、Aca Seca Trioがゲストコーラスで入っていたDiego Schissiのライブアルバム”tipas y tipos – en vivo en café vinilo”(2012)をもっとポップにわかりやすくした感じでしょう。
 華やか、ポップといってもこの人脈の音ですので、とても穏やかで上品。
 浮遊感の強い音は、ときに幻想的でもあります。
 タンゴな曲、ロックな曲を含めて、ときおり強めのビートを織り込みながら、基本的には優し気な表情で進む音。
 いろんな人のいろんな楽曲が混ざっているようで、また、事実上、タイプの異なるバンドが一緒に演奏しているのに、何の違和感もない統一感。
 コーラスワークはもちろん、完璧なアンサンブルと、思い出したように前面に出るバンドネオン、バイオリン、ピアノがつつましやかでとてもカッコいい。
 優雅でもあり、若々しくもあるのですが、なぜか感じるノスタルジー。
 もちろん全編を通じた穏やかな郷愁感はこの人脈の共通した色合い。
 タイトルの意味は「同胞」のようです。
 なるほど、これが現代アルゼンチンの空気感なのでしょうかね。
 とてもとても素敵な空気、音だと思います。




posted by H.A.