“Small Town” (2016) Bill Frisell, Thomas Morgan
Bill Frisell (guitar) Thomas Morgan (double bass)

Small Town
Bill Frisell/Thomas Morgan
Ecm
2017-05-26


 大御所カリスマギタリストBill Frisell、ベースとのDuo作品。
 あのニューヨークVillage Vanguardでのライブ録音。
 相手方は、スローテンポでも静かで上品なグルーヴを出す、新世代のAnders Jorminと期待する、現代ECMのハウスベーシストの一人、Thomas Morgan。
 期待通りの静謐で幻想的な音。
 冒頭はPaul Motianナンバー。
 フワフワと空間を漂うクリーントーンのギターと、静かに寄り添うように反応しながら穏やかなグルーヴを作るベース。
 ロック、カントリーっぽい得意のフレーズを駆使しながら、無重力空間を泳ぐようなギター。
 続く4ビートジャズに移ってもそんなイメージは変わりません。
 さらにはルバートでのスローバラード。
 ドラムやピアノがいない分、ビートが揺れ動き、伸び縮みするような非現実的な空気から、気がつけばビートが定まり、表出する穏やかなセンチメンタリズム。
 あるいは、これまたお得意のカントリー、あるいはマカロニウエスタンなフレーバー、アメリカンな郷愁感・・・
 さすがにこの人なので、強烈な浮遊感を含めてひねりは効いていますが、かつてのようにズギューン、グシャーンとはきません。
 あくまで静かで穏やか、淡々とした上品な音が続きます。
 近年のECMのギターアルバム、“Streams” (2015) Jakob Bro、“Amorphae” (2010,2013) Ben Monderなどにも通じる音。
 もちろん元祖はBill Frisellでしょうが、それらの若手の作品よりも音楽は明解です。
 締めは007ナンバーで笑い声と共に幕。
 さすが、お茶目なカリスマBill Frisell。
 さすが、Village Vanguard、4ビートでジャズな演奏もありますが、とてもあの猥雑な空間でのライブ録音とは思えない、全編通じた静謐と透明感、穏やかな空気感。
 さすが、Bill Frisell, Thomas Morganというか、ECMというか。




posted by H.A.