“Beautiful Scars” (2004-2007) Kip Hanrahan
Kip Hanrahan (Percussion, Vocals)
DD Jackson, John Beasley, Lysandro Arenas, Mike Cain (Piano) Leo Nocentelli (Guitar)
Anthony Cox, Steve Swallow (Bass) Fernando Saunders (Bass, Vocals)
Robby Ameen (Drums, Percussion) Dafnis Prieto, Horacio El Negro Hernandez (Drums, Percussion, Vocals)
Milton Cardona (Percussion) Richie Flores (Congas) Pedrito Martinez (Congas, Percussion, Vocals)
Yosvanni Terry Cabrera (Alto Sax, Percussion, Vocals) Mario Rivera (Baritone, Tenor Sax) Ron Blake (Tenor Sax) Bryan Carrott (Vibraphone) Alfredo Triff, Billy Bang (Violin)
Alvin Youngblood Hart, Brandon Ross, Fernando Saunders, Kip Hanrahan, Leijia Hanrahan, Lindsay Marcus, Xiomara Laugart (Vocals)

BEAUTIFUL SCARS
KIP HANRAHAN
ewe
2007-06-27
キップ・ハンラハン

 ニューヨークアンダーグランド、あるろキューバンジャズ~ポップスのKip Hanrahan、久々のリーダー作。
 Conjure プロジェクトでの“Bad Mouth” (2006) がありますが、リーダー作としては“Original Music From The Soundtrack Of Pinero” (2002) 以来になるのでしょうか?
 それがサントラの企画ものだとすれば、Deep Rumba プロジェクトの“A Calm in the Fire of Dances” (2000)あるいは、千夜一夜プロジェクト“A Thousand Nights And A Night - (Shadow Nights 2)” (1999)。
 それらも、あるいはライブ音源をあわせて編集した “All Roads Are Made of the Flesh” (1985–94) と同じく企画ものだとすれば、純粋な新録音のリーダー作としては、“Exotica” (1993) Kip Hanrahanまでさかのぼることになるのだろうと思います。
 いずれにしても久々の純粋リーダー作ですが、内容はかつての色合いと大きくは変わりません。
 Jack Bruce、Don Pullen、David Murrayはいませんが、他のメンバーはどこかで見かけた名前。
 時代が流れても、流行りが変わっても、彼の頭の中で鳴っている音は同じなのでしょう。
 20年以上鳴り続けている音のなのでしょうが、極めて現代的、全く古くないのが天才のなせる技なのでしょう。
 キューバンポップス風、あのやるせないメロディからスタート。
 パーカッションの響きと囁くようなボイス、コーラスとバイオリン。
 どこかは釈然としない、うらぶれた街の片隅の音。
 続くフォークロック調の穏やかで前向きな曲の背後でうごめく狂気を秘めたバイオリン。
 さらにはヴィブラフォンのクールな響きとサックスが交錯する静かなグルーヴ、フレットレスエレキベースの柔らかい音が響く幻想的な時間・・・
 などなど、カッコいいメロディ、演奏が揃っています。
 演奏が素晴らしいことは言わずもがなですが、本作はキャッチーなメロディの楽曲と歌を中心に構成したイメージでしょうか。
 その意味では初期作品“Coup de tête” (1979-1981)、“Desire Develops an Edge” (1983)のムードが戻ってきた感じかもしれませんし、後のハードなアフロキューバンジャズといい感じで混ざり合った感じでもあります。
 “Exotica” (1993)、“A Thousand Nights And A Night: Red Nights” (1996)などと比べると丸く穏やかになった音。
 力と勢いで押し切ってしまうような激しい音もなくなりました。
 が、妖しさ、危なさはそのまま、正気と狂気、現実と幻想が錯綜するような空気は健在です。
 かつてのDon Pullenに代表されるように激烈に突っ走る部分が無い分、かえって凄み、妖しさが増したようにも感じます。
 後半に収められた“Accounting in the Morning”にここまでのキャリアの音がギュッと詰め込まれたような演奏。
 フワフワと漂うような時間の中で囁かれるように流れる悲し気なメロディ。
 背後で鳴り続けるパーカッション。
 別の次元から聞こえてくるような、浮世離れしたようないろいろな音。
 うらぶれた街角の空気。
 クールでハードボイルドなKip Hanrahanワールドは健在です。
 それにしても”美しい傷跡”なんて、ものすごく素敵なタイトルだなあ・・・




 posted by H.A.