“The Dreamer Is The Dream” (2016) Chris Potter
Chris Potter (tenor, soprano saxophones, bass clarinet, clarinet, ilimba, flute, samples)
David Virelles (piano, celeste) Joe Martin (double-bass) Marcus Gilmore (drums)

DREAMER IS THE DREAM
POTTER/VIRELLES/MART
ECM
2017-04-21


 すっかりECMの看板アーティストになったChris Potterのジャズカルテット作品。
 現在のジャズのサックス奏者では、Mark Turnerとこの人が第一人者なのでしょうか?
 どちらも今はECM所属なのも不思議な感じ。
 ECMのサックスといえば、Jan Garbarekを想い起こしますが、艶やかで張り詰めたような音は近いのかもしれませんが、初期のJan Garbarekの発していいた狂気のようなモノや、ドロドロとした空気感はなく、もっとスムースで、あっけらかんと明るい感じ。
 もちろん氷のような冷たさや吹きすさぶ寒風もなく、むしろ暖か。
 前々作“Sirens”(2012)、ストリングス入りの前作“Imaginary Cities” (2014)、と少しずつメンバーを変えてきていますが、ニューヨークコンテンポラリージャズのファーストコールの面々であることは変わりません。
 キューバ出身のピアニストは今やECMアーティストの人。
 ギターのAdam Rogersがいなくなったのが残念ですが、そんなメンツで本作も前々作“Sirens”(2012)と同様、ECMらしからぬニューヨークコンテンポラリージャズな音。
 バラード集といった感じではないのですが、各曲ともに静かに始まり、徐々にテンションを上げていく構成。
 冒頭もバラードから。
 ってもECM的な妖し気なバラードではなく、剛球一直線なアメリカンなバラード。
 途中でリズムを落として、ソロピアノでの静かな場面もあり、やっとECMか・・・?と思うのはわずかな時間、音圧の高いテナーが戻ってくるとその色合いはなくなります。
 カリンバっぽいエスニックなムードで始まる二曲目は、これはECM的エスニックにもっていこうとしているのかも・・・と思うのはわずかな時間、ビートが入るとエスニック系ではあるものの、ラテンなビートとメカニカル系のメロディが交錯する明るいコンテンポラリージャズ。
 さらに、三曲目の”The Dreamer Is the Dream”はECMの真骨頂、ルバートでのスローバラード。
 さすがにEicherさんのご指導が入ったのか・・・どうかはわかりませんが、伸び縮みするビート、フリーなドラムと漂うピアノ、ベースがいかにもそれっぽい感じ。
 Chris Potterもスタートはバスクラリネットを使って妖しいムードを醸し出しています。
 が、音楽が進み、テンションが上がると、高音圧でスムースな剛球テナーサックスが登場し、とてもドラマチックではあるものの、妖しさ、ECM色は薄らいでいきます。
 フワフワではなく、ドロドロ、ベトベトでもなく、キリッとした、あるいはカラッとした色合い。
 フリーっぽくなる場面もいくらかあるのですが、音楽が進んでいくと、またまた、アメリカンコンテポラリージャズ、カラッとした系。
 その他、電子音を使った妖し気な展開から始まってみたり、牧歌的な雰囲気をソプラノサックスが綴ってみたり。
 いろいろECMっぽいこと?にチャレンジしているのかな・・・?と思えること多々。
 が、なんだかんだで、最後はいかにもこの人、メカニカルな現代的ファンクジャズ。
 全編吹きまくり、各曲とも10分近い長尺な演奏、全6曲。
 これでもかこれでもかと押し込んでくるサックス。
 ま、それがこの人の色合い、ECMながら、これまたいかにもChris Potterな一作。




posted by H.A.