“In Cerca Di Cibo” (1999) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia
Gianluigi Trovesi (Piccolo, Alto, Bass Clarinet) Gianni Coscia (Accordion)
 
In Cerca Di Cibo
Gianluigi Trovesi
Ecm Import
2000-07-25
ジャンルイージ・トロヴェシ 

 イタリアのクラリネット奏者Gianluigi Trovesi、同じくイタリアのアコーディオン奏者Gianni CosciaのDuo作品。
 近年では“Birdwatching” (2015) Anat Fortで素晴らしい客演、リーダー作も“Vaghissimo Ritratto” (2007) Gianluigi Trovesiなどなど、たくさんのアルバムがありますが、これがECMでの初制作でしょうか?
 ECMの管楽器奏者に多い艶のある張り詰めた音、さらに強いクラシックの香り。
本作はイタリアの作曲家Fiorenzo Carpiの映画音楽?を中心とした作品。
 それをアコーディオンとのDuoで演奏するのだから、オシャレで上品、哀愁が漂う音になること受け合い。
 冒頭から低くストリングスのように響くアコーディオンの音を背景にして、朗々と奏でられる物悲し気なワルツ。
 クラシカルでノスタルジックなムードの穏やかな演奏が続きます。
 一曲一曲がコンパクトに納められ、次々と情景が移ろっていくような作り。
 ジャズ的なグルーヴや興奮、強烈なインプロビゼーションの場面はわずかですが、暖かで緩やかな時間が流れていきます。
  “New Cinema Paradiso”の寂寥感まではいきませんが、コミカルな楽曲含めて、小粋な演奏が続きます。
 明るい方のイタリアンテイスト、フレンチとも共通する色合い。
 のほほんとした感じ。
 ECMとしては異色な作品なのでしょう。
 明るく暖かな音はレーベルカラーとは全く違います。
 21世紀になってからはこんな作品もちょこちょこありましたかね。
 平和な昼下がりのECMな音。
 ジャケットもそんな感じですね。

 


posted by H.A.