“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004) Carlos Aguirre Grupo
Carlos Aguirre (voice, guitar, piano, percussion) 
Silvina López (guitar, voice) Jorge Martí (guitar) Fernando Silva (bass) Silvia Gomez (percussion) 
Sebastian Macchi (piano) Notalia Damadian, Jorgelina Barbiero, Silvia Salomone (voice) and others
 


 アルゼンチン、現代フォルクローレのカリスマなのでしょう、Carlos Aguirreの2004年作。
 いずれ劣らぬ名作“Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)、“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の間の作品。
 空気感は同じですが、“Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)の流れを汲みつつも、このアルバムが一番でスッキリ系かもしれません。
 ポップス然とした歌中心の音作りは、ジャズではないし、もちろんブラジル系とは違うし、タンゴ色もないし、クラシック的といえばそうかもしれないけども、それもそれほど強くは感じません。
 文字通りの現代フォルクローレなのでしょうが、それにしては極めて洗練されているし、洗練されたソウル~AOR的といえばそうなのかもしれませんが何か違うし、極めて現代的な音なのだと思うのだけどノスタルジックな感じもするし・・・
 ・・・ってな感じでそれらが全部融合された微妙で繊細な音。
 さておき本作、パーカッションは色付け程度で、ギターを中心に、ときおり透明度の高い美しいピアノが作る音。 
 あのギターのユニゾンでのオブリガード、オシャレな女声コーラスもたっぷり。
 メロディは折り紙付きの哀感、センチメンタリズム。
 寂寥感ってほど寂しくはない、やはり南米系、郷愁感ってな言葉がピッタリきます。
 ちょっと寂し気なボーカルと完璧なアンサンブル。
 名曲、名演揃いですが、最後に納められた"vidala que ronda”なんて、アルバムの締めはこれしかないというか、これで人生の最後を締めくくってもいいような?、そんなムード。
 寂し気なようで、とても前向き、爽やか。
 春、新緑の季節になるとこの手の一連の作品が聞きたくなります。
 そんな音です。




※本投稿は2017/5/27投稿から移動しました。

posted by H.A.