“Expression” (Feb.15.1967, Mar.7.1967) John Coltrane
John Coltrane (tenor saxophone, flute)
Alice Coltrane (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums)
Pharoah Sanders (flute, piccolo, tambourine)
 
EXPRESSION
JOHN COLTRANE
IMPUL
2012-05-15


 John Coltrane、スタジオ録音では最後のセッション?を中心とした最終アルバム。
 発表されたのは逝去されてからでしょうから、どこまで本人の意図が反映されている構成なのかどうかはわかりません。
 ここまでと変わっているのはPharoah Sandersが一曲のみの参加、また、サックスではなくフルート、ピッコロ。
 Mar.7.1967のセッションには参加しておらず、後に発表された“Stellar Regions” (Feb.15.1967)に収められた演奏にも参加していません。
 バンドの形を変えようとしていたのは確かなのでしょう。
 絶叫フリージャズの世界からは抜け出したように思います。
 が、サックスは旋回を繰り返す不安感、深刻さを伴ったフレージングが中心、バンドの音から沈痛さは抜けていません。
 全体の質感は激しい系のフリージャズ。
 スローなフリービート、ルバートでのバラード“Expression”、“Offering”の序盤に穏やかなモノを感じはしますが、後半はあの激烈で沈痛なフリージャズのColtrane。
 後に発表された“Stellar Regions” (Feb.15.1967)にも近いそれらがこれから先の姿だったのかもしれません。
 ・・・と思っていたら、CDで追加されたこの後の録音”Number One” (Mar.7.1967?)は、“Meditations” (Nov.1965)のような絶叫フリージャズ・・・
 いずれにしても、まだJohn Coltraneの心は穏やかではなかったように感じます。
 Miles Davisは計算されたスタイリッシュさだったように思いますが、John Coltraneはその内面をさらけ出すようなスタイル。
 それだけに聞くのがつらくなる部分も・・・
 いずれにしても謎と余韻を残しつつ、John Coltraneの公式作品はここに終わります。




 posted by H.A.