“Om” (Oct.1.1965) John Coltrane
John Coltrane (tenor, soprano saxophone)
McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Pharoah Sanders (tenor saxophone) Donald Rafael Garrett (double bass, clarinet) Joe Brazil (flute)
 
Om
John Coltrane
Impul
ジョン・コルトレーン


 John Coltrane、極めつけの激烈絶叫フリージャズの一作。
 世に出たのは1968年、Coltraneが逝去した後のようですが、この上もなく凄まじい演奏。
 宗教的なメッセージがあるのだとは思いますが、それはよくわかりません。
 呪文のような朗読から始まり、一気に集団即興、絶叫型。
 前後の作品“Live in Seattle”(Sep.30.1965)、“Kulu Sé Mama” (Jun.10.16,Oct.14.1965), “Meditations” (Nov.1965)の一部のセッションと同様ですが、本作が最も一番激烈。
 それを通り越して、怖くなるような音。
 各人のソロのオーダーはきちんとあるようで、Coltraneのソロの序盤はかつての作品と大きくは変わらないように思います。
 ピアノソロになるとさらに普通の激しいジャズ、もちろん4ビートです。
 別世界に飛んでいるのはやはりPharoah Sanders。
 常軌を逸したトランス状態で叫び続け、他の二名のリード奏者も同じイメージ、あるいは不思議で陰鬱な音。
 途中では文字通り恐ろしい唸り声、叫び声まで上げて・・・
 ここまで激烈で沈痛、陰鬱な音楽、日常の世界から逸脱したような音もなかなかないでしょう。
 夜、一人では絶対に聞かないでください・・・ってなコピーが似合いそう。
 後期のColtraneは激烈絶叫フリージャズの印象が強いのですが、Coltraneの生前に世に出たアルバムで激烈絶叫系は、“Ascension” (Jun.28.1965)、“Kulu Sé Mama” (Jun.10.16,Oct.14.1965), “Meditations”(Nov.1965)の三作のみ。
 それ以降の公式アルバム“Live at the Village Vanguard Again!” (May.28.1966), “Expression” (Feb.15.1967, Mar.7.1967) は少し落ち着いた演奏。
 が、 “Expression”の直後に発表されたのがこのアルバム。
 以降、“Selflessness” (Jul.1963,Oct.14.1965) <1969>、“Transition” (May26.Jun.10.1965) <1970>、“Sun Ship” (Aug.1965) <1971>、“Live in Seattle” (Sep.30.1965) <1971>と発表。
 発表と同時に聞いた人は戸惑っただろうなあ・・・
 さて、Coltrane本人が世に問いたかったのはどんな音だったのでしょう?




posted by H.A.