“Creation” (2014) Keith Jarrett
Keith Jarrett (piano)
 
Creation
Keith Jarrett
Ecm Records
2015-05-12
キース ジャレット

 Keith Jarrett、2014年、トロント、東京、パリ、ローマでのステージからダイジェストされたソロピアノ。
 “La Scala” (Feb.1995)に代表されるような1990年代のソロピアノは、各パートの終盤に収められているとても美しいメロディを創り出すために長尺な試行錯誤を続けているイメージ。
 一方、2000年以降のソロピアノは短いパートに分かれ、難解、抽象的な展開も多い中に美しいメロディ、パートが散りばめられている構成。
 もし美味しい所だけを集めたらキャッチーな作品になるのだろうとは思っていました。
 が、さすがにそれをやると、天から降りてきたようなメロディを生み出す過程が見えなくなるのでやらないだろう・・・
 と思っていたのですが、それに近いことをついにやってしまいました。
 それが本作。
 タイトルは、まさにその意味、即興を通じて創造されたメロディ、演奏の意味なのでしょうかね?
 が、単にベストな演奏を集めたといった感じではなく、静かで敬虔なイメージで統一されています。
 元のステージの様子はわかりませんし、必ずしもキャッチーな部分を集めたものではなく、何らかのテーマをもって編集されているのでしょう。
 ここまでのソロピアノ作品の中でも少し異色な作品。
 拍手もカットされています。
 全9編、各々10分弱、全編スローバラード。

 “Part. 1”はゆったりとしたテンポ、少し重苦しいムードの祈るような展開。
 “Part. 2”では少し軽くなりますが、引き続きの祈るような敬虔な音の流れ。
 “Part. 3”~ “Part. 4”はメロディの形が明確になりそうでなり切らないバラード演奏。
 “Part. 5”でようやくはっきりとしたメロディのバラード。
 少し懐かしげな表情の穏やかな演奏、切ないような優しいような複雑な表情、冒頭からグラデーションをつけながら徐々に中盤の締め“Part. 5”に向かって組み立てられていいるようにも思われます。
 “Part. 6”はきらめくような高音の高速なパッセージから、センチメンタルなメロディ、漂うようなスローな演奏からスタート。
 新たな物語が始まったようにも聞こえるし、“Part. 5”からの続きのようにも聞こえるし、強めのタッチ、少し重さはありますが、明るいような切ないような、これまた複雑な表情。
 “Part. 7”は波が寄せては返すような演奏。
 明確なメロディの提示はありませんが、悲し気な表情を見せながらドラマチックな構成。
 “Part. 8”は少しアブストラクト、少し苦し気な音の流れを経て、前向きでメロディアスな“Part. 9”へ。
 これ見よがしな美メロではなく、淡い色合いのバラード。
 ドラマチックながら、とても穏やかな表情で幕を閉じます。

 全体の印象は少し重め、前作“Rio” (Apl.2011) で戻ってきたようにも感じた1970年代を想い起こさせるようなタメと高速なフレーズが交錯する場面もありません。
 抽象的で激しい演奏は採用されていませんが、派手だったり甘かったりするメロディも採用されていません。
 全編通じて穏やかで敬虔なムード。
 2014年のKeith Jarrettの意識はそんな感じだったのでしょう。
 たぶん。

 



posted by H.A.