“Miniatures. Music for piano and percussion” (2013) Glauco Venier
Glauco Venier (piano, bells, gong)
 
MINIATURES-MUSIC FOR
GLAUCO VENIER
ECM
2016-06-10
グラウコ ヴェニエール

 イタリア人ピアニストGlauco Venierの美しいソロ作品。
 近年Norma Winstoneと行動を共にしていて、 “Distances” (2007)、 “Stories Yet To Tell” (2009)、"Dance Without Answer” (2012)でとてもしっとりとした美しいピアノを弾いていた人。
 2016年の発表ですが、録音は少し前の2013年。
 ECMではありがちなのだと思いますが、しばらくお蔵に入っていた理由はわからない、素晴らしい演奏集。
 クラシック作品のようなタイトル、確かにそんな感じです。
 長くはない楽曲、パーカッションでのインタールード的な演奏も含めて全15曲、ほぼ全曲スローテンポ。
 静かな空気感の中、現代音楽的な抽象的な演奏と、センチメンタルな演奏が交錯します。
 Norma Winstone諸作での演奏と比べるとグルーヴは抑えられ、思索的な展開が多いのですが、その分静謐、合間々に現れる美しいメロディの楽曲が際立つ構成。
 冒頭から妖しげなパーションの響きと不思議感の強いコード、静かで穏やか、が、抽象的な音の流れ。
 今にも止まりそうなスローテンポの二曲目から美しく悲し気な表情のメロディが見え隠れし始めます。
 さらに中盤の“Serenity”あたりからは少しビートが効いてきて、美しく切ないジャズ。
 が、再び抽象的で敬虔なムード音の流れ・・・、それを繰り返し、締めはとてもセンチメンタルな美しいメロディ。
 少し沈んだ敬虔な空気感、静かな空間にリバーブがたっぷり効いた美しい音が漂う、いかにも近年のECMのソロピアノ作品の色合い。
 ビートが乗ると上品で心地よいグルーヴ、疾走感が出る人だと思うので、静かな演奏ばかりなのは少々もったいない感じもするのですが、本作では穏やかな美しさが勝ります。
 Keith Jarrettソロピアノ諸作のように派手でもキャッチーでも激しくもないし、強烈なインプロビゼーションもありません。
 さらに半数の楽曲では抽象度も高いのだけども、難解だったり意味不明だったり頭でっかちだったりしない音。
 刺激が少ない分、とても穏やかな気持ちになれる優しい音。
 抽象と具体、敬虔、高尚と俗のバランスが絶妙なのでしょう。
 全編通じた美しいピアノの音とあわせて、気持ちが洗われるような穏やかで美しい空間。
 近年では出色、とても美しいピアノミュージック。
 ありそうでない、最高のバランスの名作だと思います。

 


posted by H.A.