“Kulu Sé Mama” (Jun.10.16,Oct.14.1965) John Coltrane
John Coltrane (tenor saxophone)
Pharoah Sanders (tenor saxophone, percussion) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums) 
Donald Rafael Garrett (bass clarinet, bass, percussion) Frank Butler (drums, vocals) Juno Lewis (vocals, percussion, conch shell, hand drums)
 
Kulu Sé Mama (Expanded Edition)
Universal Music LLC
ジョン・コルトレーン


 John Coltrane、公式作品としては“Ascension” (Jun.28,1965)に次ぐアルバム。
 その間で録音された “Sun Ship” (Aug.1965)、“First Meditations” (Sep.2.1965)は世に出ることはなくお蔵に入りし、発表されたのが本作。
 半年ほど間を開けた二つのセッションから構成され、違うムードの演奏が収められています。

 後のOct.14.1965のセッション、LPレコード片面を占める長尺なタイトル曲は、ボーカル入り激烈フリージャズ。
 前月のセッションに当たる“First Meditations”とは雰囲気が全く異なります。
 重々しいアフロビート、パーカッションの響きを背景にして、呪術的なボーカルとPharoah SandersとColtraneのサックスが、“Ascension”の一部のソロのように、常軌を逸したような絶叫の連続。
 全体のサウンド自体は、ダークで妖しいムードも含めてエスニックなジャズの範囲だし、カッコいいと思うのですが、激烈なサックスが普通ではない空気感を作っています。
 切羽詰まって叫び続ける・・・そんな感じ。
 このサックスの凄まじい音を真正面からとらえることが出来るか、怖い、あるいは別のことを感じて敬遠してしまうかで、評価が分かれるのだと思います。

 LPレコードB面は先のJun.10.16.1965のセッション、Pharoah Sanders他の参加は無く、カルテットのメンバーでの演奏となります。
 こちらも激しい演奏ですが、“First Meditations”、あるいは“A Love Supreme” (Dec.1964)的な調性が取れたジャズ。
 “Vigil”はJohn ColtraneとElvin JonesのDuo。
 とても激烈な演奏で、“Live! at the Village Vanguard” (Nov.1961)あたりと比べてみると、サックスの音量が上がり、同じところをグルグルとも旋回しているような感じのフレージングが増えてきているように思います。
 が、ビート感は一定しているし、絶叫するような場面は多くはありません。
 “Welcome”は全編ルバートでのスローバラード。
 サックスは鬼気迫るようなこの期の音使いではなく、かつての優しい系に近い演奏。
 長い演奏ではありませんが、安らかで感動的な音。
 このB面の激烈な演奏から穏やかな演奏でクールダウンする流れが、かつての定番であり、私が一番カッコいいと思うColtrane。

 が、そんな普通のことでは満足できないColtrane。
 Jun.10,16.1965のセッションから、タイトル曲のOct.1965の間に演奏のスタイルが変わったのは確か。
 そのきっかけ、要因は“Ascension” (Jun.28,1965)なのか、Pharoah Sandersの参加なのか?
 その両方なのでしょう。
 また、Coltraneの頭の中では以前からタイトル曲のようなサウンドが鳴っていて、満足できる結果になったのが本作であり、“Ascension”以外のセッションには満足していなかった、と考えるのが妥当なのでしょう。
 ここから先はほぼ全編が沈痛で激烈な魂の叫びのようなフリージャズの世界。
 私的には“First Meditations” (Sep.2.1965)+αぐらいまでのサウンドが、気持ちよく聞ける範囲。
 本作のタイトル曲を含めて、この先が凄いことは間違いないのですが、身構えて聞かないと・・・
 真正面からとらえることは、まだまだ未熟な私には難しいようです。
 いつの日か・・・




posted by H.A.