“The Gentle Side Of John Coltrane” (1962-1965) John Coltrane 
John Coltrane (Tenor Saxophone)
McCoy Tyner, Duke Ellington (Piano) Jimmy Garrison, Aaron Bell (Bass) Elvin Jones, Sam Woodyard, Roy Haynes (Drums)
Johnny Hartman (Vocals)
 
Gentle Side of John Coltrane by John Coltrane (2012-06-20)
John Coltrane
Universal Japan
ジョン・コルトレーン


 John Coltrane、Impulse時代のバラード集。
 ほとんどの人が納得しそうなベストな選曲。
 この人のバラード、「優しい系」、「ハードボイルド系」、「妖しい系」の三種でしょうか。
 「優しい系」の代表は“Ballads” (Dec.1961,Sep.1962,Nov.1962)。
 「ハードボイルド系」は“Crescent” (Apl.Jun.1964)。
 「妖しい系」は激しい系のアルバムの中にさり気なく置かれています。
 Sonny Rollinsあたりのバラードはマッチョな感じですが、対してColtraneの「優しい系」は女性的。
 高めの音を中心にスッと軽く吹くからでしょう。
 ビブラートもサブトーンもあまり使わず、あくまでスッキリした音。
 これがなんとも上品でカッコいいんだろうなあ。
 と思っていると、“Crescent”あたりになると「ハードボイルド系」。
 悲壮なムードも強くなり、音数も増えてくる感じ。
 それが力強さにもつながり、ダンディズムの極めつけのようなカッコよさ。
 さらにフリー期が近づくと、全編ルバートの「妖しい系」がちらほらと出てきます。
 ドラムとベースはフリー、ピアノがなんとかビートをキープしつつ、崩れそうで崩れないColtraneバンドにしかできないような全編ルバートのスローバラード。
 強烈な浮遊感、なんとも言い難い鬼気迫るような、胸に迫るような、とてつもなく素晴らしい音。
 全編ルバートのスローバラードの元祖はColtraneで、これがECM諸作でよく聞かれる音にも繋がっている、って思っているのは少数派でしょうか?
 Coltraneのバラード集、何種かあったように思いますが、「優しい系」「ハードボイルド系」「妖しい系」がバランスよく揃ったこのアルバムがベストなように思います。





 John Coltrane On Impulse+α。
 モードジャズと激烈フリージャズの二期に分かれそうです。
 公式盤では“Ascension” (Jun.28.1965)以降が激烈フリー。
 Pharoah Sandersの影響が大きかったのかなあ・・・が個人的な見解。 
 Pharoah入り激烈フリー期を楽しんで聞けるようになればいいんだけども、まだまだ修行が足りません。
 私は。

※Coltrane逝去前に発表された公式アルバム。<>発表年。

●モードジャズ
※“Africa/Brass Vol.1,Vol.2” (May.Jun.1961)
※“Olé Coltrane” (May.1961)
※“Live! at the Village Vanguard” (Nov.1961)
※“Impressions” (Nov.1961,Sep.1962,Apl.1963)
※“Coltrane” (Apl.Jun.1962)

●バラード
※“Ballads” (Dec.1961,Sep.1962,Nov.1962)
※“Duke Ellington & John Coltrane” (Sep.1962)
※“John Coltrane and Johnny Hartman” (Mar.1963) 

●激しいモードジャズ
 “Newport '63” (Nov.1961,Jul.1963) <1993>
※“Live at Birdland” (Oct.Nov.1963)
※“Crescent” (Apl.Jun.1964)
※“A Love Supreme” (Dec.1964)
※“Live at the Half Note: One Down, One Up” (Mar.26.May.7.1965)
※“The John Coltrane Quartet Plays” (Feb.17-18, (Mar.28.),May.17.1965)
 “Transition” (May26.Jun.10.1965) <1970>
 “Living Space” (Jun.10,16.1965) <1998>
※“Ascension” (Jun.28.1965)
※“New Thing at Newport” (Jul.2,1965)
 “Sun Ship” (Aug.1965) <1971>
 “First Meditations” (Sep.2.1965) <1977>

●激烈フリー
 “Live in Seattle” (Sep.30.1965) <1971>
 “Om” (Oct.1.1965) <1968>
※“Kulu Sé Mama” (Jun.10.16,Oct.14.1965)
 “Selflessness: Featuring My Favorite Things” (Jul.1963,Oct.14.1965) <1969>
※“Meditations” (Nov.1965)
※“Live at the Village Vanguard Again!” (May.1966)
 “Live in Japan” (Jul.1966) <1973>
 “Offering: Live at Temple University” (Nov.1966) <2014>
 “Stellar Regions” (Feb.15.1967) <1995>
 “Jupiter Variation” (Feb.2.1966, Feb.22.1967, Mar.7.1967) <1978>
 “Interstellar Space” (Feb.22.1967) <1974>
 “Expression” (Feb.15,Mar.7.1967) <1967>
 “The Olatunji Concert: The Last Live Recording” (Apl.23.1967) <2001>

 
posted by H.A.