Domino Theory (1984) Weather Report
Josef Zawinul (keyboards) Wayne Shorter (tenor, soprano sax) Victor Bailey (bass) Omar Hakim (drums) José Rossy (percussion)
Carl Anderson (vocals)

Domino Theory
Weather Report
MUSIC ON CD
ウェザー・リポート


 新生Weather Report の第二弾、というより、ラストまで本作含めて後三作。
 徐々にポップ度が高くなっていく過程の一作。
 宇宙的なシンセサイザー?の響きで幕を開けますが、それは男性ボーカル入りバラードのAOR風ポップチューンの前奏。
 この曲でのWayne Shorterの出番はなし。
 これはなんとも・・・
 二曲目からはいつものファンクフュージョン
 複雑なビート、複雑なメロディの展開ながら、なぜか軽やかでポップ、コーラスなども挿入されて楽し気なムード。
 ドラム、ベースにシンセサイザーは使っていないようなので、グルーヴ自体は自然、前作“Procession” (1983)と同じくゴムまりのように弾む強烈なリズム隊。
 が、シンセサイザーの音色が多彩になり、さらにサックスにもエフェクティングした感じで、何だかデジタルなムードも強くなってきましたかね。
 “Mr. Gone” (1978)あたりから前作“Procession” (1983)まで続いた未来的な4ビートも本作ではありません。
 それでもだんだんと複雑なフュージョン~インプロビゼーション色も強くなり、最後のタイトル曲”Domino Theory”もは明るい色合いながら、超複雑系のファンクチューン。
 新しいジャズフュージョンを追及するこのバンドの面目躍如。
 全体を眺めるとカッコいいジャズファンクフュージョンです。
 でもなんで冒頭にボーカル曲を持ってきたんだろう?
 謎です。
 次作“Sportin' Life” (1985)を聞くとポップの方向に行くつもりだったのは分かるのですが。
 Miles Davisが復帰作 “The Man with the Horn” (Jun.1980–May.1981)でボーカルを入れたのが数年前、Time after Timeを吹いた“You're Under Arrest” (Jan.1984–Jan.1985)が同じ時期。
 時代はジャズ、フュージョンではなく、ポップス、AORですか・・・




posted by H.A.