“Man-Child” (1974-75) Herbie Hancock

Herbie Hancock (synthesizer, acoustic piano, electric piano, ARP Odyssey, ARP Pro Soloist, Oberheim 4 Voice, Fender Rhodes, clavinet)
Paul Jackson, Henry E. Davis, Louis Johnson (electric bass) Harvey Mason, James Gadson, Mike Clark (drums)
Bennie Maupin (bass clarinet, alto/bass flute, saxello, tenor/soprano sax, percussion) Wayne Shorter (alto/soprano saxophones) Jay DaVersa, Bud Brisbois (trumpet) Dick "Slide" Hyde (tuba, bass trombone) Garnett Brown (trombone) Ernie Watts, Jim Horn (flute, saxophone) 
Dewayne McKnight, David T. Walker (electric guitar) Wah Wah Watson (synthesizer, voice bag, electric guitar) Stevie Wonder (harmonica) Bill Summers (percussion)
 
MAN CHILD
HERBIE HANCOCK
COLUM
ハービー ハンコック



 Herbie Hancock、ファンクフュージョン路線、ポップス寄り。
 レギューラーバンドに豪華ゲストを加えて、軽快かつゴージャスなソウル風アレンジ。
 David T. Walker、Wah Wah Watson、Stevie Wonderなど、ソフトなソウル系のアーティストも迎えて、それらしい音。
 “Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davis から五年、その色は全くなくなり、“Head Hunters” (Sep.1973)からポップになったとはいえ、前作“Thrust” (Aug.1974)まで残っていた、硬派なインプロビゼーションミュージックの色合いも薄くなりました。
 二年前のポップファンクへの転換点“Head Hunters” (Sep.1973)からの集大成、あるいは、ポップインスツルメンタルミュージックへの大転換、さらには、1950年代からのジャズ的なムードを完全に捨て去った作品ともいえそうです。
 それが時代の流れ、マニアックで気難し気で難解なモノが受け入れられなくなった時代だったのかもしれません。
 ドイツのECMレコードではまだまだこれからハードでマニアックな作品が制作されますが、それはむしろ例外。
 クリエイティブなジャズの総本山Miles Davisもそろそろ長期休養に入ります。 
 いろんな意味で、ポップなフュージョンの時代の幕開け、その象徴的なアルバムかもしれません。
 ファンキーなギターのカッティングがリズムを刻み、シンセ、エレピがメロディを奏でるポップなフュージョン。
 ワウを掛けたギターのカッティングも、“Dark Magus”(Mar.1974) バンドやJohn McLaughlinとは全く違う、軽快で洗練された質感。
 ギターのオブリガード、シンセサイザーストリングス、ホーンのアレンジ、タメと疾走が交錯するベース、16ビートの軽快感、ちょっと大仰なキメ・・・その他諸々、一世を風靡するフュージョンミュージック、ソフト系の要素がギッシリ詰まっています。
 後の日本のフュージョンやニューミュージックもここからの応用が多いのではないかな?
 ハードなフュージョンの大元はMahavishnu Orchestra、“Hymn of the Seventh Galaxy” (1973) Return to Foreverあたりなのしれませんが、ソフト系はこのアルバムが大元のようにも思います。
 ソフト&メロー・・・まではもう少しかもしれないけども、ソフトで洗練された音。
 心地よさ、わかりやすさ抜群。
 ところどころで出てくるカッコいいインプロビゼーションが隠し味・・・ってもの時代の変化ですね。
 “Bitches Brew”を端緒とした終着点はこれ!
 ・・・と強弁するつもりはありません。

 この先、日本限定だったライブアルバム“Flood” (1975)は最高にカッコいい演奏だと思いますが、実は次の “Secrets” (1976)以降の作品はきちんと聞けていません。
 ちょっとポップになり過ぎて、残っていたジャズ的なムードも薄くなって、あまり好みの音ではなかったような気がするので・・・
 また機会があればと思って、数十年・・・

 



 なお、同時期、Miles門下生Chick Corea、Keith Jarrett、Joe Zawinul、John McLaughlin は、まだまだ気難しい系か激烈系。
 “Return to Forever” (Feb.1972) Chick Coreaの頃はWeather Report、Chic Coreaが先に進んでいたように思います。
 John McLaughlinもロックファンに大人気だったのでしょう。
 ポップで一般受けもする“Head Hunters” (Sep.1973)で一馬身前に出たのがHerbie Hancock。
 さらにこの期、この作品でHerbie Hancockは一気にぶっちぎり、ジャズとは違う別世界に遷移したように思うのですが。
 これを聞いて一番悔しがったのは・・・?
 ・・・・・?
 Miles Davisではないかな?


posted by H.A.